保健看護学科

人々の健康を包括的にとらえ、科学的根拠に基づいた知識と技術を用いて、人々の幸せに貢献する専門性の高い看護職者を育成します。

  • Point 1
    1年次の「健康生活支援実習」で、看護の原点を学ぶ。
    more
  • Point 2
    看護師受験資格は全員、加えて選択することにより保健師受験資格取得が可能。
    more
  • Point 3
    附属病院や関連施設と連携し、質の高い教育を実現。
    more

学科概要

これからの医療ニーズに応える看護職者を育成。

医療機関での治療・ケアだけでなく、地域や在宅での多様な医療ニーズにも応えうる看護職者を育成します。他職種と連携しつつ、医療安全・危機管理、災害時の看護も実践できる知識と技術を修得します。

資格・免許
取得を目指す主な資格・免許
●看護師[国家試験受験資格]<指定申請中>
●保健師[国家試験受験資格](選択履修)<指定申請中>※人数制限があります。

〈保健師免許取得後申請〉

●第一種衛生管理者免許[国家資格]
●養護教諭二種免許状(選択履修)※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

〈大学院修士課程修了による受験資格〉

●助産師[国家試験受験資格]

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

「資格修得率」の詳細についてはこちらをご覧ください

私のStep Up!私が目指す資格・免許看護師

看護技術の基本、日常生活援助など、看護師の第一歩となる1年次専門科目。

看護ケア援助論Ⅰ

看護師の基本技術、日常生活の援助方法など、『安全・安楽・自立』の原則に基づいた技術を科学的根拠をもって習得する。

旭川荘での初めての実習を通して看護とは、医療福祉とはを体感する。

健康生活支援実習

入学後初めての実習は総合医療福祉施設旭川荘にて。障がいのある方への生活支援を通して、医療福祉を肌で学ぶ。

病院や在宅での実習を通して患者さんを総合的に理解する。

領域別実習・総合実習

病院から在宅、誕生から終末期、救命救急等、幅広い領域での臨地実習を実施。

就職データ

「就職データ」の詳細は、医療福祉学部保健看護学科の「進路・就職」ページをご覧ください

Point1
1年次の「健康生活支援実習」で、看護の原点を学ぶ。
看護学実習のスタートとして、総合医療福祉施設「旭川荘」で実習を行います。一人の人間を身体・心・社会背景などの全人的視点で理解し、ケアする人間性を身に付ける重要性を学びます。ここでの気づきが、その後の学習の基本的な心構え・姿勢につながります。
Point2
看護師受験資格は全員、加えて選択することにより保健師受験資格取得が可能。

看護師国家試験受験資格は全員が、加えて保健師受験資格に必要な科目を選択履修することで、保健師を目指せます(選抜による人数制限あり)。卒業後、臨床経験を積み、専門看護師、看護教育者を目指して本学大学院への進学も可能です。

Point3
附属病院や関連施設と連携し、質の高い教育を実現。
川崎医科大学附属病院や川崎医科大学総合医療センターの医師から医学系科目の講義を受け、病態を正確に理解するための知識や治療・管理方法などを学び、附属病院の看護師による実践的な実習指導を受けることができます。また、病院と同じ環境でシミュレーション演習ができます。