臨床栄養学科 受験生へメッセージ Department of Clinical Nutrition

在学生の声

“料理好き×医療”の答えが 管理栄養士。将来は新たな 栄養療法も研究したい。

在学生の声

河本 遼介さん(兵庫県立香寺高等学校 出身)

幼い頃から料理が好きでした。自分の得意を生かして医療業界で働きたいと考え、管理栄養士を目指しました。本学で特に成長を感じたのは21週間の臨地実習です。臨床の知識、患者さんとの接し方、病棟での役割、チーム医療についてなど、管理栄養士の仕事が明確になり、社会人としての規範を学びました。来春から近畿大学奈良病院で働きます。将来は新たな栄養療法の確立に向けた研究も行いたいです。

卒業生の声

多彩な支援を生かし、4年間の学びと経験を就活力に。

卒業生の声

内定:国立病院機構 中国四国グループ耕地 美有さん(香川県立坂出高等学校 出身)

本学科には臨床現場での豊富な経験を持つ先生方が多く、現場でどんな人材が求められているのかなど、実情に即した助言がいただけ、履歴書作成や面接対策に役立ちました。また、先生方や就職支援センターの方々と何度も話し合うことで、自分の特徴やアピールポイントが見え、苦手だった自己分析もきちんとできるようになりました。様々な支援のおかげで、希望の就職先に内定をいただきました。

病院実習でのやりがいが、今につながっています。

卒業生の声

川崎医科大学総合医療センター 勤務小郷 彩果さん(岡山県/明誠学院高等学校 出身)

病院の管理栄養士は、患者さんの症状に合わせた献立の作成や栄養指導などを行い、「食」を通して病気の治療や重症化予防に携わっています。本学の臨地実習では糖尿病や腎臓病などの患者さんと実際に関わり、栄養指導など実践的な経験を積むことができました。また、臨地実習を通してやりがいを実感し、病院管理栄養士としての将来が明確になりました。大学の講義で学ぶ一つひとつの知識や実習経験が将来につながります。