理学療法学科

高齢者や障がい者の機能回復や、生活の自立及び社会参加を支援できる専門知識・技術と豊かな人間性の備わった理学療法士を養成します。

  • Point 1
    川崎医科大学との連携により、医学系科目が充実。
    more
  • Point 2
    臨床現場で働く教員による指導で、理学療法の基礎を身に付ける。
    more
  • Point 3
    1年次からの取り組みが高い合格率・就職率継続の実績に結実。
    more

学科概要

多様な分野で社会に貢献できる理学療法士を養成。

医療・保健・福祉など様々な分野で社会に貢献できる理学療法士の養成を目指します。近年では心疾患や呼吸器疾患、スポーツ医学の分野でもニーズが高く、リハビリテーションを推進するチームの一員として活躍が期待されています。

資格・免許
取得を目指す主な資格・免許
●理学療法士[国家試験受験資格]<指定申請中>
理学療法士とは、医師の処方に基づき治療計画を立て、徒手療法・治療体操・歩行練習などの運動療法や、熱や水・電気などのエネルギーを利用した物理療法を行う専門家です。それによって障がいのある方々の日常生活活動や社会生活の自立を支援します。

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

「資格修得率」の詳細についてはこちらをご覧ください

私のStep Up!私が目指す資格・免許理学療法士

検査や測定の実技を目的をもって学び、機能障がいを適切に評価できる力を養う。

理学療法評価学習Ⅰ

各種検査・測定及び評価プロセスについて理解し、実施できる知識と技術の習得、治療プログラムの立案まで目指す。

理学療法士として必要なスキルをより実践に近い形で修得。

理学療法技術実習Ⅰ

実技を通して、関節可動域運動や筋力増強運動などの基本的な理学療法技術を身に付ける。

障がいにあわせた日常生活活動の介助、指導法を学び、応用力をつける。

日常生活活動学実習

基本的なリフティングを身に付けた後、片麻痺、四肢麻痺、対麻痺といった障がいに合わせた日常生活活動の介助・指導法を学ぶ。

就職データ
News & Topics
社会的ニーズが高まる理学療法士。
社会的ニーズが高まる理学療法士
近年、心疾患や呼吸器疾患、さらに、糖尿病などの治療やスポーツ医学の分野でも理学療法が導入されています。理学療法士の活躍の場は、在宅・地域リハビリテーションや各種医療・福祉施設はもちろん、行政、教育、介護保険関係など、幅広い領域に広がっています。
Point1
川崎医科大学との連携により、医学系科目が充実。
医学分野の専門家による医学系の講義や実習が充実。川崎医科大学の学生が行っている解剖実習の見学や、リハビリテーション専門医による講義などのほか、医療機関での実習で専門的な知識・技術を身に付けます。実習後には症例発表やディスカッションで、得た知識を深めます。
Point2
臨床現場で働く教員による指導で、理学療法の基礎を身に付ける。
附属病院で理学療法士として兼務している教員が学生の指導に当たります。1・2年次の臨床現場見学をはじめ、附属病院や他施設での約半年間にわたる臨床実習で、理学療法の基本的な技術のほか、患者さんへの接し方、礼儀作法などの社会性やコミュニケーション能力を身に付けます。
Point3
1年次からの取り組みが高い合格率・就職率継続の実績に結実。
理学療法士国家試験の受験対策として、夏休み・春休み明けに実力テストを実施し、模擬試験も行っています。また、就職対策として、学科主催の業務説明会を実施。様々な分野で活躍する卒業生を大学に招いて話を聞く機会を設け、早期からの意識づけや対策を行っています。