臨床心理学科 資格・免許 Department of Clinical Psychology

臨床心理学科で取得可能な資格・試験資格一覧

  • 国家資格
  • 任用資格…行政において、各職務に任じて採用され役目を与えられて働く場合に必要な資格
  • 認定資格

国家試験合格率

認定心理士[日本心理学会認定資格]
心理学の専門的な学力と技能を修得していることを認める資格です。
臨床心理士[日本臨床心理士資格認定協会認定資格]
臨床心理学の知識や技術を用いて心の問題に取り組む専門家です。
  • 取得方法:本学科卒業後、協会の指定を受けた大学院修士課程を修了することにより、受験資格を取得することができます。(本学の大学院は協会の第一種指定を受けています。)
心理学検定(特1級・1級・2級)[日本心理学会諸学会連合認定資格]
心理学関係学会が直接行う唯一の検定試験であり、大学卒業レベルの心理学の学力を証明するものです。
メンタルヘルスマネジメント検定(Ⅱ種・Ⅲ種)[大阪商工会議所認定資格]
メンタルヘルスに対する正しい知識を深めることができます。そのことによって、自らのメンタルヘルス対策、働く人の心の疾病の未然防止に役立てることができます。
  • 取得方法:本学科の学生はだれでも受験できます。
精神保健福祉士
精神障がい者の社会復帰に関する相談援助を行う「ソーシャルワーク」の専門職です。精神科医療機関、精神障がい者社会復帰施設、行政機関などで業務を行います。精神障がい者の社会復帰や地域生活支援は、我が国の課題として注目されていることもあり、その活躍が期待されています。
  • 取得方法:指定科目の単位を修得することにより、精神保健福祉士国家試験の受験資格を取得することができます。
社会福祉主事
社会福祉事業従事者としての基礎的な要件でもあり、また、公務員として採用され、福祉事務所等で、住居地の福祉サービスが必要な人々の相談・援助・各種手続を行います。
  • 取得方法:指定科目の単位を修得して卒業することにより資格を取得することができます。
児童指導員
児童福祉施設において、児童の生活指導、児童相談所などの関係機関との連絡調整を行います。
  • 取得方法:本学科を卒業することにより資格を取得することができます。

「公認心理師」について

Q公認心理師はどのような仕事を行うのですか?
A保健医療、福祉、教育その他、幅広い領域において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって業務を行います。公認心理師の行う行為とされているものは次の4つです(公認心理師法第2条参照)。
  • ①心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析すること。
  • ②心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
  • ③心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
  • ④心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。
Qどうすれば公認心理師になれますか?
A公認心理師試験に合格する必要があります。この試験の受験資格は、法施行後に各大学および大学院に設置される公認心理師のカリキュラムを履修した人に適用されるもので、①学部+大学院、②学部+実務経験、③これらに準ずる者の3つのルートで得られます。それまでの期間は、経過措置として、公認心理師法附則第2条の「受験資格の特例」に従って、現在すでに心理職として仕事をしている人や、大学・大学院に在籍する人に受験資格が与えられます。受験資格に必要な科目や、準ずる者とされる要件は今後省令で定められます。
Q公認心理師法はいつ施行されますか?
A平成29年9月15日までに施行されます。公認心理師法で、公布日(平成27年9月16日)から2年以内の政令で定める日から施行されることになっています。