理念Philosophy of construction

学園創設の理念

人間ひとをつくる 体をつくる 医学をきわめる

川﨑 祐宣

川崎学園創設者川﨑 祐宣Kawasaki Sukenobu

建学の理念

人間ひとをつくる 体をつくる 学問をきわめる

人間(ひと)をつくる
よき医師(医療福祉人)であるためには、常識を備え、良心的で温かみがあり、信頼される人でなければならない。そのためには、徳育が第一に重視されるべきである。
体をつくる
自分自身が柔弱では、患者に充分な奉仕をするゆとりがない。
医学(学問)をきわめる
口先と身振りがどのように親切であっても、日進月歩の医学的知識と技術の持ち主でなければ、患者や社会に感謝される医師ではない。
これは、昭和45年に故 川﨑 祐宣学園長により創設された学校法人 川崎学園の創設の理念です。
故 川﨑 祐宣学園長は、明治、大正、昭和、平成の4世代を通じ、岡山に1939(昭和14)年 川崎病院を開設、1957(昭和32)年「社会福祉施設旭川荘」、1970(昭和45)年に川崎医科大学川崎医科大学附属高校、1973(昭和48)年に川崎医療短期大学、その後1974(昭和49)年に川崎リハビリテーション学院や、川崎医科大学現代医学教育博物館を次々と開設し、そして1991(平成3)年に当川崎医療福祉大学と、医療および医療福祉の総合教育施設を完成されました。
関連リンク

川﨑祐宣記念講堂