学長あいさつGreeting from the President

医療福祉関連専門職への目標を
確実に実現する大学教育システム

川崎祐宣

川崎医療福祉大学 学長椿原 彰夫Tsubahara Akio

超高齢社会に入ったわが国の現状と将来を支えるに当たって、最も重要なことは良き医療福祉関連職の専門家を育成することです。良き医療福祉関連職とは、高い知識や技術はもとより、患者さんや障がい者に対して優しい心と気配り、懇切丁寧な説明能力、チーム医療福祉における連携の力を備えた職業人を言います。川崎医療福祉大学は、そのような良き医療福祉関連専門職を養成することを目的として、わが国で初めて設立された4年制の医療福祉大学です。

本学の設置母体である学校法人川崎学園は、川﨑祐宣によって1970年(昭和45年)に創設され、倉敷市松島の地に川崎医科大学と同附属高等学校を設置しました。続いて、1973年(昭和48年)には川崎医科大学附属病院ならびに川崎医療短期大学、1991年(平成3年)には本学を開学しています。川﨑祐宣は1938年(昭和13年)に外科医院を岡山市中心街に開業した外科医で、1960年(昭和35年)には同院を総合病院(現在の川崎医科大学総合医療センター)に発展させています。「医療は患者のためにある」という気持ちを職員に伝え続け、すべての患者に対する深い人間愛をもった医療の提供に努めて参りました。福祉に対しても同様の理念を説き、1957年(昭和32年)には世界初の総合医療福祉施設である社会福祉法人旭川荘、1974年(昭和49年)には専門学校川崎リハビリテーション学院を開設し、全施設を併せて所謂「川崎グループ」の名のブランドを形成しています。

本学は、種々の医療福祉関連専門職の養成コースを備えた総合大学です。開設当初は2学部6学科でスタートしましたが、現在3学部15学科(医療福祉学科、臨床心理学科、保健看護学科、子ども医療福祉学科、感覚矯正学科、健康体育学科、臨床栄養学科、リハビリテーション学科、臨床工学科、臨床検査学科、診療放射線技術学科、医療福祉経営学科、医療秘書学科、医療福祉デザイン学科、医療情報学科)ならびに、大学院(修士課程/博士後期課程)3研究科を有しています。医療と福祉を別々に捉えるのではなく、新しい概念である医療福祉学を学ぶことを必須としています。すなわち、医療職を目指す学生には福祉に関する学問を、福祉職を目指す学生には医療に関する学問を併せて学習することを強調しています。それによって、医療と福祉が切れ目なく連携できるようになり、患者さんや障がい者に最良の医療福祉サービスを提供することが可能となります。

本学での学習を志す学生には、どのような医療福祉関連専門職を目指すのかという具体的な目標をしっかりと抱いて入学していただきたいと考えております。私たち教育者は、すべての入学者の希望を確実に実現できるよう最大限の努力を払うことをお約束します。それによって、心温かい一流の医療福祉関連専門職となって社会の進歩に貢献して欲しいと願っております。