2つの大学病院で行う実習とはPractical

充実した最新設備の実習環境で学べます。

川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターをはじめとする川崎学園の施設で質の高い実習を行います。そこでは、様々な専門職種が連携するチーム医療を実際に体験しながら学ぶことができます。

実習先施設の紹介

学科・専攻別の実習内容を見る

医療福祉学部
医療技術学部
医療福祉マネジメント学部

川崎医科大学附属病院

先進的かつ高度な医療・教育・研究を行い、将来の良き医療人を育成。

地域医療の拠点として最先端の医療を幅広く提供している川崎医科大学附属病院での実習を通して、様々な職種の医療スタッフと関わりながら、チーム医療の一員としての自覚を育むことができます。授業で学んだことを現場で実践したり、実習で疑問に思ったことを学内で調べたりといった学びと実践の連動により、高い学習効果が得られます。

中央放射線部

回復期リハビリテーション病棟

病院病理部

栄養部

医療資料部

川崎医科大学総合医療センター

最新の医療機器による安全・安心な高度専門医療の提供。

学校法人川崎学園設立の母体となった川崎医科大学附属川崎病院は、2016年12月1日に新築移転し、病院の名称も「川崎医科大学総合医療センター」に変わりました。地上15階、地下2階の建物に最新の医療機器を備え、充実した環境で実習を行うことができます。
安全・安心な高度専門医療を提供している川崎医科大学総合医療センターでの実習を通して、多職種との連携を図りながら将来の専門家としての知識を身につけることができます。

中央検査部

リハビリテーションセンター

MEセンター

中央放射線部

栄養部

実習内容

2つの大学病院で行う実習の一部を紹介

医療福祉学科

医療ソーシャルワーク実習

保健医療機関での現場実習を通じて、ソーシャルワーカーが果たすべき機能・役割を学び、専門職に必要な知識、価値観・倫理観や、他専門職との連携について理解を深めます。

臨床心理学科

臨床心理学実践実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

川崎医科大学附属病院や旭川荘などの病院や施設などにおいて、患者さんや利用者さんへの臨床心理学的な理解・支援をするための実習を行います。

保健看護学科

重症・救急看護学実習

重症集中ケアを必要とする患者さん及びその家族に適切な看護ケアを提供するために、患者さんの病態を理解し、各症状、必要な治療・処置や危機的状況での看護のあり方について、川崎医科大学附属病院高度救命救急センター等で学習します。看護師長やフライトナースから指導を受け、緊急時の優先順位の付け方や判断力を培う学習もします。

子ども医療福祉学科

小児ケア(病院)実習

病院の小児病棟や病児保育室において、個別及び集団支援実習を行います。病気のため日常的家庭環境、集団保育、教育環境から別離を余儀なくされている子どもたちに対して、母子分離不安の軽減、QOLの向上、発達・教育保障を図ります。また、チーム医療の専門職の一員として、子どもの最善の利益の保障を行う保育者の役割を学びます。

感覚矯正学科 視能矯正専攻

眼科手術見学実習

斜視手術や白内障手術などを実際に見学し、その理解を深めます。

感覚矯正学科 言語聴覚専攻

嚥下訓練実習

ベッドや車椅子で嚥下訓練の具体的方法を学びます。

健康体育学科

体力測定法実習

子どもから高齢者までの幅広い年齢層を対象にした体力測定法(行動体力)を学び、評価方法を身に付け、実践現場でも応用ができることを目標としています。

臨床栄養学科

3年次秋学期の臨地実習

病院、福祉施設、保健所など種々の学外施設に出かけ、実際に管理栄養士の仕事を体験しながら実務を学びます。(写真はベッドサイドでの栄養指導)

リハビリテーション学科 理学療法専攻

日常生活活動学実習

様々な疾患により起こる障がいに合わせた日常生活動作の介助、指導法を学びます。

リハビリテーション学科 作業療法専攻

作業療法臨床実習

臨床実習指導作業療法士の指導のもとに行う臨床実習では、実際に学生がレクリエーションを企画・運営します。

臨床工学科

生体機能代行装置学実習(循環関連機器)

人工心肺装置は、心臓手術の際に一時的に心臓と肺の機能を代行する医療機器です。実習では、回路の組み立てから操作方法・保守点検方法などの修得を目指します。

臨床検査学科

臨床化学実習

臨床化学検査は、ほんの少しの血液成分(血清)から、蛋白質、脂質、酵素などたくさんの検査項目を迅速かつ正確に測定します。臨床実習では、現場ならではの貴重な実習体験を通して、臨床化学のより実践的な知識、技能を身に付けることができます。

診療放射線技術学科

放射線治療技術学臨床実習(リニアック実習)

放射線治療には、主に高エネルギー電子加速器の一種である“リニアック”と呼ばれる巨大な装置が用いられます。「切らずに治す癌治療」を実現するためには、健康臓器の被ばくを最小限におさえ、あらゆる方向から精密に病巣を狙って照射する高度な技術が要求されます。

医療福祉経営学科

学外実習Ⅰ(川崎医科大学附属病院)

病院の組織を知るために、医事課や外来センターなどで実習を行います。

医療秘書学科

学外実習(川崎医大附属病院)

インフォメーションやセンター外来などで、患者さんの情報の処理や応対など病院の実務を学びます。

医療福祉デザイン学科

病院実習(広報連携室)

広報連携室は病院と地域の方々の媒(なかだち)となる役割を担っており、病院での取組みや様々な情報を取材し、わかりやすくまとめ発信しています。実習では現場に立ち、スタッフの指導のもと、病院と利用者をつなぐ企画広報のデザインスキルを中心に実践的に学びます。

医療情報学科

病院実習

実際の医療現場で専門的な業務についての理解を深めるとともに、他部署との連携など医療機関の組織的な業務内容についても学びます。写真は医療資料部(医療情報システム)での実習です。