医療情報学科 Department of Health Informatics

医療情報学科Department of Health Informatics

人々の生涯の健康を支えるために、情報科学の知識・技術を備え、望ましい医療のための情報化推進に貢献する診療情報管理及び医療情報技術の専門家を育成します。

Point1

病院実習により、医療現場とその中での自分の役割を理解。

病院実習に備えて事前学習を実施し、川崎医科大学附属病院などにおける様々な部署で実際の業務を体験します。病院の仕組みや、他職種との連携の中での情報担当者の役割を理解します。

Point2

就職を見据え、資格取得もきめ細かくサポート。

新入生を対象に、学科で取得可能な資格の概要や取得方法などの説明を行います。認定試験対策として、授業以外の時間を使った支援講座や模擬試験を実施します。

Point3

病院をはじめ、多彩な分野での活躍が可能。

医療機関はもちろん、IT関連企業でも医療に強い情報技術者が求められています。福祉施設や公務員など多方面でも活躍できるよう、1年次からモチベーションを高める指導を行います。

資格・免許

取得を目指す主な資格・免許
  • 医療情報技師能力検定試験[日本医療情報学会認定資格]
  • 診療情報管理士認定試験[日本病院会他4団体共同認定資格]
  • 診療報酬請求事務能力認定試験[日本医療保険事務協会認定資格]
  • 医療情報基礎知識検定試験[日本医療情報学会認定資格]
  • 基本情報技術者試験[国家資格]
  • 応用情報技術者試験[国家資格]
  • 情報セキュリティマネジメント試験[国家資格]

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

目指せる職種

私のStep Up! 私が目指す資格・免許 診療情報管理士・医療情報技師

第一線で活躍している先生に実務経験をもとにした知識を学ぶ。
臨床医学A・B

医師をはじめとした医療人から、医療現場について学ぶ。医療知識の習得だけでなく、興味関心を高める。

専門職として必要不可欠な知識を習得する。
医療統計学

診療情報管理士として働くうえで必要な統計の知識を身に付け、医療機関での専門用語の理解を深める。

現場で求められているニーズや課題に直面する。
病院実習

病院の使命と役割を知り、医療人として働くための心構え、診療情報の実務に関する知識や技術を学ぶ。

就職データ

2018年度就職率

97.1%

前年度97.1%

予想される進路
  • 病院等医療機関
  • 医療情報関連企業

「就職率」の詳細はこちらをご覧ください

News&Topics

はばたく医療データサイエンティスト

電子カルテに蓄積された大量の診療データをもとに、AIが医師の診断を助けたり、新薬の開発に利用されたりする時代が始まろうとしています。医療情報学科では、その礎となる医療データ分析を学び、未来の医療データサイエンティストを育成します。

教育理念・目的・教育目標

教育理念

望ましい医療のための情報化推進のリーダーとなる人材を育成する。

目的

医療情報学科は、情報科学の知識・技術を備え、望ましい医療のための情報化推進に貢献する診療情報管理及び医療情報技術の専門家の養成を目的とする。

教育目標
  • 1. 医学医療の高度な知識と情報技術を磨く。
  • 2. 医療人としての倫理を踏まえた豊かな人間性を養う。
  • 3. 「病院実習」により、医療現場についての理解を深める。
3つのポリシー