保健看護学専攻(修士課程・博士後期課程) Master's Program in Nursing・Doctoral Program in Nursing

主な研究活動

修士課程

基礎理論研究分野

基礎理論研究分野は、看護研究の基礎となる看護理論、量的・質的研究、および倫理に関する知識を深め、研究的視点を培う領域です。そのため、看護理論特論、看護研究方法論、看護倫理学特論、看護管理学特論、看護がん生物学特論等で構成しています。

保健看護学研究分野

保健看護学研究分野は、人が健やかで充実した人生を全うするために必要な成長発達課題達成への援助や、健康レベルに応じた看護を追求し、理論と実践を統合化する領域です。小児看護学、母性看護学、成人・高齢者看護学、および在宅看護学、公衆衛生看護学、学校看護学等の特論で構成されており、人のライフサイクルにそった健康支援とQOLの向上を目指した研究を行うと共に、時代に即したケアシステムを追求します。
さらにがん看護学に関する科目では、キュアとケアを統合し、がん患者とその家族のQOL向上を目指した高度ながん看護実践能力、適切な倫理的判断力、研究的視点を培います。そして、現象に対する理解を深め創意工夫し、がん看護実践における開発的役割がとれる変革者として機能するがん看護専門看護師の育成を目指します。

助産学研究分野

助産学研究分野は、研究的視点を養うことで臨地における問題解決能力を培うだけでなく、助産学演習や実習を通して、実践力のある助産師養成を目指します。そのため、基礎助産学特論、助産診断・技術学特論、リプロダクティブ・ヘルス特論、周産期学特論等の学習に加えて、女性と家族の性と生殖への健康支援を行うための実践力を養います。

博士後期課程

発達期看護学研究

発達期看護学研究では、人が誕生する以前の時期から、乳幼児、思春期、成熟期を経て老年期に至るまでの、あらゆるライフステージにおける健康レベルに対応した看護を追求し、看護の実践から教育へ、教育から看護の実践へとフィードバックできる知見を追求します。
助産学、小児看護学、成人・高齢者看護学の領域における看護の研究開発を目指しています。

包括的地域看護学研究

包括的地域看護学研究では、人の発育・発達に焦点を当てた研究に加え、人を取り巻く環境やシステムも多角的に追求し、在宅・公衆衛生・学校看護における看護の研究開発を目指しています。

研究支援科目

研究支援科目では、医療福祉学特殊講義および、看護統計学特殊講義を開講し、看護学研究の充実を図っています。