臨床栄養学専攻(修士課程) Master's Program in Clinical Nutrition

教育理念

少子高齢社会のなかで医学的、社会的支援を必要とする人々の健康の維持・増進、疾病の予防と治療に関わる諸問題に携わり、問題点を総合的に捉え、人間を中心において解決を図ることのできる人材を育成する。

目的

臨床栄養学専攻修士課程は、健康の維持増進、疾病の予防と治療にかかわる臨床栄養学の高度な知識と技術を有する人材の養成を目的とする。

教育目標

  • 1.臨床栄養学の深化した専門知識と技能の修得を図る。
  • 2.専門職として課題の設定、解決能力の修得を図る。
  • 3.チーム医療の一員として、協働できる能力の修得を図る。
  • 4.他者を敬い、豊かな人間性を備えた人格形成を図る。

修了後の進路

高度専門家として活躍

本専攻の修了者は、高度な専門知識と指導者としての能力を兼ね備えた専門家です。より高度でより専門性を求める臨床に強い管理栄養士を養成する教育機関、医療機関、社会福祉施設等から期待されています。就職先としては、病院等医療機関、各種社会福祉施設、公務員、教員、または関連企業の開発技術者があります。
修士の学位取得者の進路決定率は100%で、その約半数は、専門性を深めるために大学院博士課程(健康科学専攻)に進学し、残り約半数は栄養学分野の高度専門家として、医療・福祉の栄養学分野で指導的な役割を果たしています。