臨床検査学科 Department of Medical Technology

臨床検査学科Department of Medical Technology

医師や患者さんから信頼され、科学技術が応用されている現代医療にあって、多様なニーズに対応できる臨床検査のエキスパートの育成を目指します。

4年間の学び大学内での講義・実習で基礎力を徹底し、約1年にわたる臨地実習の中で知識と技術を統合し、第一線で活躍できる臨床検査技師を目指します。

1年次

自らの力で積極的に学び、基礎的知識と技術の習得を目指す。
生化学

生命現象とその病的変化について生体内の代謝や酵素の変動の説明を行いながら、病態診断に結び付けます。

解剖組織学実習

人体の正常構造と機能をより深く理解するため、光学顕微鏡を用いて各器官の組織標本を観察しスケッチを行います。

情報科学概論・情報科学演習

臨床検査を学ぶ学生に必要不可欠な領域の情報科学及びデータ解析技術を学び、情報化時代に適用できる人材を育成します。

2年次

1年次に学んだ知識をもとに、より実践的な技術を養う。
医療安全管理学

医療現場における医療過誤、危機管理対策、安全対策、感染防止対策など、安全な医療を行うための知識を身に付けます。

免疫・輸血検査学実習

臨床的、社会的に重要な免疫・輸血検査の操作法を習得します。免疫反応を理解することで疾患との関わりについて知識を深めます。

臨床微生物学実習

主に細菌の検査法に関する実技や検査の流れを習得します。同時に効果的な薬剤や疾患についての理解も深めます。

3年次

約1年間の臨床実習を通じ、より高度な応用力を身に付ける。
医学研究入門

卒業研究スタートに必要な研究倫理や文献検索手法などを学びます。

臨地実習(生理機能検査学実習)

心電図、脳波、超音波検査など、生理機能検査の最新知識に病院検査室でふれます。また患者対応など、医療人としての考え方も学びます。

臨床検査キャリアデザイン(就職支援)

臨床実習に必要な社会人としてのマナー習得だけでなく、卒業後の進路決定に向けて企業紹介、研究紹介を通して進路選択を考えます。

4年次

臨床検査技師国家資格取得に向け、きめ細かい支援を実施する。
臨床病態学演習Ⅰ・Ⅱ(国試対策)

国家試験に必要な各専門科目について、基礎及び応用力を身に付け、重要ポイントをしっかりと理解できるように講義します。

卒業研究

指導教員に配属されて臨床検査学研究の一端にふれると共に、研究活動全般のあり方・進め方を学び、研究的視点を醸成します。

チーム医療概論

護師、薬剤師など、チーム医療を担う各専門職教員から、臨床現場のチーム医療について学びます。

就職・進学

資格・免許

2021年度資格取得率
臨床検査技師

92.5%

全国平均75.4%

取得を目指す主な資格・免許
  • 臨床検査技師[国家試験受験資格]
〈在学中に取得可能な主な免許・資格〉
  • 中級バイオ技術者[日本バイオ技術教育学会認定資格]
  • 第2種ME技術者[日本生体医工学会認定資格]

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

目指せる職種

就職データ

2021年度就職率

100%

予想される進路
  • 病院等医療機関

「就職率」の詳細はこちらをご覧ください

News&Topics

見えない敵(病原体)に挑む微生物検査

培養検査では、肉眼では見えない細菌を培地上で培養することにより、目に見える集落(コロニー)が形成されます。これをもとに病原体の特定(同定)や、どの抗菌薬に効くかを推定する「薬剤感受性検査」を実施します。微生物検査は、感染症から命を守る重要な検査です。

教育理念・目的・教育目標

教育理念

深い教養に根ざした真摯な生命観や倫理観をもとに、医学的進歩を知識・技術として修得し、臨床検査学の実践力と研究的視点を培いながら、チーム医療の中で全人的医療に積極的に参加する臨床検査技師の育成を目指す。

目的

臨床検査学科は、臨床検査学の知識と技術、検体や検査機器の取扱いを修得し、高度化する現代医療が求めている検査法・検査サービスの多様性に応じて自己研鑚力を発揮し、かつ倫理観を備えた専門的医療技術者である臨床検査技師を育成することを目的とする。

教育目標
  • 1. 臨床検査のエキスパートとしての検査法・検査機器の取扱いを修得する。
  • 2. 医療人としての豊かな人間性と高い倫理観、生涯研修・研鑚を行う意欲と能力を身につける。
  • 3. 臨床検査学分野の発展に貢献できる探求心と研究能力を兼ね備える。
3つのポリシー