医療福祉学部Faculty of Health and Welfare

学科

教育理念

医療福祉の視点(医学モデルと社会モデルを統合した視点)を基本に位置づけ、人々の生活や健康問題に関わる医療福祉サービスを市民のために提供できる実践科学の担い手を養成する。

目的

医療福祉学部は、患者や援助を必要とする人たちを様々な方法で支援するための理論と実践力を備えた専門職業人の養成を目的とする。

教育目標

  • 1. 問題を自ら発見し、分析し、解決案を設計・評価する能力を身に付ける。
  • 2. 広い視野から事象を捉え、論理的に問題を解決する高度な判断力を身に付ける。
  • 3. 異文化・異技術との相互理解ができるコミュニケーション能力を身に付ける。
  • 4. 職業倫理を身に付け、専門職としての自覚を養う。

3つのポリシー