修士課程1期MSc Phase 1

募集人員

研究科 専攻 募集人員 修業年限
一般 社会人
医療福祉学研究科 医療福祉学専攻 8 2年
臨床心理学専攻 8
保健看護学専攻 8
医療技術学研究科 感覚矯正学専攻 6
健康体育学専攻 6
臨床栄養学専攻 6
リハビリテーション学専攻 4
臨床工学専攻 2
医療福祉
マネジメント学研究科
医療福祉経営学専攻 2
医療秘書学専攻 1
医療福祉デザイン学専攻 2
医療情報学専攻 6
  • 本大学院臨床心理学専攻は、(公財)日本臨床心理士資格認定協会から臨床心理士受験資格に関する第1種指定を受けています。また、公認心理師となるために必要な本専攻での履修科目と、4年制大学卒業までに履修した必要な科目を届け出ることにより、本専攻修了後に公認心理師受験資格を得ることができます。

入学試験日程など

出願期間 2019年8月20日(火)~8月27日(火)[消印有効]
試験日 2019年9月6日(金)
合格発表 2019年9月12日(木) 9:00
入学手続期間 2019年9月12日(木)~9月19日(木)[消印有効]
試験会場 本学
入学検定料 35,000円
入学辞退期日 2020年3月31日(火) 17:00
  • 合格発表は、本学ホームページのみで行います。合格者には合格通知書及び入学手続に必要な書類を本人あてに簡易書留速達で郵送します。合格者以外には通知しません。
  • 入学手続を完了した者で、入学を辞退する場合は、期日までに所定の入学辞退届を本学へ提出すれば、入学金以外の納入金を返納します。

(注)郵送の場合は、当日必着のこと。締切日以降の申し出については、返納しません。

出願区分

一般

修士課程出願資格を有する者

社会人

修士課程出願資格を有し、2020年4月1日現在で満24歳以上に達した者で、各専攻の専門領域に関する2年以上の実務経験(見込みを含む)を有する者。

  • 事前に志望する専攻の教員と連絡をとり、出願要件・研究計画などの内容について、十分に確認・相談をしたうえで出願してください。

出願資格

出願することのできる者は、次の各号のいずれかに該当する者とします。

  1. 学校教育法第83条に規程する大学を卒業した者及び2020年3月末までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び2020年3月末までに授与される見込みの者〔大学評価・学位授与機構から学士の資格を授与された者及び授与される見込みの者〕
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び2020年3月末までに修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び修了見込みの者
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育施設であって、文部科学大臣が指定するものの当該課程を修了した者及び2020年3月末までに修了見込みの者
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び2020年3月末までに修了見込みの者
  7. 文部科学大臣の指定した者
    1. 1)~4)旧大学令、旧高等師範学校規定、旧師範教育令等関係につき略
    2. 防衛大学校又は防衛医科大学校を卒業した者
    3. 水産大学校を卒業した者
    4. 海上保安大学校を卒業した者
    5. 職業訓練大学校の長期課程を修了した者
    6. 気象大学校の大学部を卒業した者
    7. 教育職員免許法による小学校、中学校、高等学校若しくは幼稚園の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有するもので22歳に達した者
    8. 国立養護教諭養成所を卒業した者で、教育職員免許法による中学校教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有する者
    9. 国立工業教員養成所を卒業した者で、教育職員免許法による高等学校教諭免許状及び3年以上教員として良好な成績で勤務した旨の実務証明責任者の証明を有する者
  8. 学校教育法第102条第2項の規定により大学院に入学した者で、本大学院において、本大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの
  9. 2020年4月1日現在で満22歳以上の者で、本大学院において個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者(臨床心理学専攻は除く)

9. の入学資格審査に係る各専攻別の基準

医療福祉学研究科 医療福祉学専攻 社会福祉士又は精神保健福祉士の資格取得者、あるいは医療・福祉の専門分野で5年以上の実務経験を有する者
保健看護学専攻 看護系の短期大学又は専修学校を卒業・修了した看護師の資格取得者で、看護職として5年以上の実務経験を有する者
医療技術学研究科 感覚矯正学専攻 視能訓練士又は言語聴覚士の資格取得者(資格取得者は、入学時の資格取得見込者を含みますが、国家試験に不合格の場合は入学手続を取消します)
健康体育学専攻 次のいずれかの資格を取得し、5年以上の実務経験を有する者
教育職員免許状、健康運動指導士、スポーツプログラマー、ヘルスケアートレーナー、B級地域スポーツ指導者等
臨床栄養学専攻 管理栄養士の資格取得者
リハビリテーション学専攻 理学療法士又は作業療法士の資格取得者
臨床工学専攻 臨床工学技士の資格取得者であり、かつ臨床工学分野で2年以上の実務経験を有する者
医療福祉
マネジメント学研究科
医療福祉経営学専攻 医療機関、福祉施設、教育研究機関、企業等において5年以上の実務経験を有する者
医療秘書学専攻 医療機関、福祉施設、教育研究機関等において5年以上の実務経験を有する者
医療福祉デザイン学専攻 デザインあるいは医療、福祉の専門分野で5年以上の実務経験を有する者
医療情報学専攻 医療あるいは情報関連の業務に十分な経験を有する者

【臨床心理学専攻を志願する方へ】

臨床心理学専攻では、4年制大学において、公認心理師法施行規則第1条又は附則第3条(附則第3条については、2017年9月15日より前に大学に入学していることが条件)に定められた科目を修めて卒業した者又は修めて卒業する見込みの者を出願要件とします。よって、大学院入学試験に合格し入学手続後であっても、公認心理師法施行規則第1条又は附則第3条に定められた科目を修めていない場合には入学手続を取り消します。

【保健看護学専攻助産学分野を志願する方へ】

保健看護学専攻助産学分野志願者は、女子に限ります。また、入学時に看護師免許を有している者又は看護師国家試験に合格している者とします。よって、大学院入学試験に合格し入学手続後であっても、看護師国家試験に不合格となった場合には、入学手続を取り消します。

入学資格審査について

入学資格審査による受験を希望する者は事前に審査を受けていただく必要がありますので、期限までに本学所定の入学資格認定申請書類を入試課に提出してください。

入学資格認定申請書類提出期限:2019年7月23日(火)[必着]

試験科目・時間

一 般

実施時間 試験科目 摘要
9:00~10:30(90分) 筆記試験 専門科目 専攻分野に関連したもの
10:50~11:50(60分) 英語 医療福祉分野に関連したもの※1
13:00~ 口述試験 主として専攻分野について個別に行う
  • 専門科目(150点満点)、英語(100点満点)、口述試験(150点満点)及び出願書類(成績証明書等)の審査結果を総合的に評価して合否判定を行います。

※1各専攻共通の問題とします。一般的な英和辞書1冊のみ持ち込むことができます。和英を含むもの、大型のもの、専門用語集となっているもの及び電子辞書類は持ち込むことができません(それらの辞書類を持ち込んだ場合は、試験中、一時預かります)。

社会人

実施時間 試験科目 摘要
9:00~10:30(90分) 筆記試験 専門科目 専攻分野に関連したもの
11:00~ 口述試験 主として専攻分野について個別に行う
  • 専門科目(150点満点)、口述試験(150点満点)及び出願書類(成績証明書等)の審査結果を総合的に評価して合否判定を行います。

出願書類・出願手続

出願書類

書類等 摘要
入学願書(A~E票)
  • 本学所定の用紙に必要事項を記入し、入学検定料振り込み後、A・D・E票を提出してください。
※卒業(見込)証明書
  • 出身大学等が作成した証明書を提出してください。
※成績証明書〈厳封〉
  • 出身大学等が作成し、厳封された証明書を提出してください。
写真1枚
  • 無帽、背景無地、上半身正面向(縦4㎝×横3㎝)のもので3か月以内に撮影したものを、写真票Dに貼付してください(裏面に志望専攻、氏名を必ず記入すること)。
卒業論文及び
研究計画概要
  • 大学における卒業論文あるいは卒業研究の概要等(これに類するものがない場合は、業績、志望動機等で替えることができます)に、将来の研究計画の概要を加えたものを本学所定の様式に2000字程度でまとめて提出してください。
  • 本学所定の様式(大学院入学試験要項綴じ込み)であればパソコン(Word等)での作成を可とします。
(注)1.
※印の書類については、入学資格審査を通過した者は提出する必要はありません(1期・2期共通)。
2.
臨床心理学専攻を志願する方は、上記書類の他、公認心理師法施行規則第1条又は附則第3条(附則第3条については、2017年9月15日より前に大学に入学していることが条件)に定められた科目を修めたこと又は修める見込みであることを証明する書類が必要となります。様式は任意ですが、必ず出身大学が証明したものを提出してください。なお、本大学院入学前又は入学後に、改めて日本心理研修センターの指定する様式での修了証明書・科目履修証明書を提出していただきます。
3.
臨床心理学専攻を志願する方で、出身大学が「定められた科目を修めたこと又は修める見込みであることを証明する書類」を発行しない場合は、本学入試課にお問い合わせください。

出願手続

出願書類を一括取り揃え、入学検定料を納入のうえ、綴じ込みの大学院入試出願用封筒を使用し、必ず簡易書留速達で郵送してください【消印有効】。

また、直接来学して手続することもできますが、その場合も入学検定料の振り込みは済ませておいてください。来学して出願手続をする場合の入試課窓口の受付時間は、以下のとおりです。

窓口受付時間 平 日9:00~15:00
土曜日9:00~11:00※8月24日(土)は除く
日曜・祝日の受付業務は行いません。
PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。ダウンロードはこちら