医療福祉マネジメント学研究科 Graduate School of Health and Welfare

教育理念

医療福祉マネジメント学研究科は、医療・福祉施設の効率的かつ適正な運営の実践とヒト、モノ、カネ、情報、環境等の経営資源に関する諸専門領域を融合するという新しい発想に基づく医療福祉マネジメント学の確立を目指すとともに、倫理性、文化性、科学性を身に付けた医療福祉分野の専門家を養成する。

目的

医療福祉マネジメント学研究科は、医療福祉分野のマネジメントに関する経営学、秘書学、デザイン学、情報学等の卓越した専門知識や技術を陶冶するとともに、こうした学際的領域を総合的視野に立って研究し、良質で安全なサービスを適切かつ持続的に提供するという、医療福祉分野に課せられた社会的責任を遂行するために必要な高度なマネジメント能力を備えた専門家の養成を目的とする。

教育目標

医療福祉マネジメント学研究科は、「福祉の心」を涵養しつつ、「医療福祉サービスの社会的機能・役割あるいは制度的・技術的独自性に精通」させたうえで、経営、秘書、デザイン、情報に関する専門知識・技術・実務能力の修得あるいは関連した諸資格の取得を通して、医療・福祉施設の経営マネジメントに参画できる専門家・指導者・研究者の養成のために、医療福祉のマネジメントに関連する諸理論を修得させる。