臨床工学専攻(修士課程・博士後期課程) Master's Program in Medical Engineering・Doctoral Program in Medical Engineering

主な研究活動

修士課程

臨床工学研究

臨床工学は医用生体工学の中でも特に医療と工学の境界領域の分野であり、臨床の場において医療に直接貢献することを目的とした学問・技術分野であります。医療安全学特論、生体機能代行装置学特論、治療機器学特論などの講義科目をもとにして、より高度な理念と知識および技能を有する高度な臨床工学技士の養成を目指した研究を実践します。

基盤研究

臨床工学の総合的理解と安全・安心を支える基盤となる研究分野であり、臨床工学特論、生体計測学特論、先端医療学特論などの講義科目をもとにして、系統的かつ実践的な研究を行います。

生体工学研究

生体機能の統合的理解とその応用を図る研究分野であり、生体システム工学特論、生体機能解析学特論、生体情報工学特論などの講義科目をもとにして、系統的かつ実践的な研究を行います。

博士後期課程

臨床工学研究

呼吸、循環、代謝に関する生体機能代行装置および治療機器の高機能、高度化に伴い、安全・安心の担保が望まれている背景のもとで、医療安全にかかわる臨床工学の分野の確立を目指した実践的研究を実施します。

生体工学研究

医療の安全・安心を支える基盤として、ヒトの生体機能についてその計測および解析を実践的に行うための生体工学の確立を目指した実践的研究を実施します。