医療秘書学科資格・免許 Department of Medical Secretarial Arts

医療秘書学科で取得可能な資格・試験資格一覧

  • 任用資格…行政において、各職務に任じて採用され役目を与えられて働く場合に必要な資格
  • 認定資格
クリニカルセクレタリー認定試験[医療秘書学科認定資格]
クリニカルセクレタリーとは、ハイレベルな医師事務作業補助者+チーム医療の「段取りマネジャー」であり、臨床現場で求められる医療秘書です。
※クリニカルセクレタリー育成プログラムは、H28年度文部科学省の「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定を受けています。
  • 取得方法:指定科目の単位を取得し、認定試験に合格した後、資格を取得できます。
秘書技能認定試験[実務技能検定協会主催検定資格]
オフィスにおける職業能力の向上を目指し、理論(秘書としての資質、職務知識、一般知識)と実技(マナー、接遇、技能)を問います。
秘書技能検定試験[実務技能検定協会主催検定資格]
オフィスにおける職業能力の向上をめざし、理論(秘書としての資質、職務知識、一般知識)と実技(マナー、接遇、技能)を問います。
CBS(国際秘書)検定試験[日本秘書協会認定資格]
正しいコミュニケーションを通じて異文化の橋渡しを可能にするバイリンガルセクレタリーとしての、ビジネス日本語・英語能力、および実務処理能力を問います。
日商PC検定試験[日本商工会議所主催検定資格]
企業実務においてIT(情報通信技術)を活用する実践的な知識、スキルの修得、およびネット社会に対応した新たなビジネススキルの育成をはかることを目的とします。主として業務データの活用、取り扱いについて問います。
  • 取得方法:検定試験に合格することにより、資格を取得することができます。
診療情報管理士認定試験[日本病院会他4団体共同認定資格]
診療録管理室、病歴室などにおいて、診療録の管理、コーディング(ICD分類など)、各種の医療統計作成業務に従事します。
  • 取得方法:指定科目の単位を修得することにより、受験資格を取得することができます。
診療報酬請求事務能力認定試験[日本医療保険事務協会認定資格]
診療報酬請求事務に必要な能力として、医療保険制度、公費負担医療制度、薬学、薬価基準、医療用語の知識などを問います。
医療事務管理士[技能認定振興協会認定資格]
診療報酬請求事務に必要な医療保険制度、医学一般、保険請求事務などの知識とレセプト作成の実技を問います。
  • 取得方法:認定試験に合格することにより、資格を取得することができます。
社会福祉主事
社会福祉事業従事者としての基礎的な要件でもあり、また、公務員として採用され、福祉事務所等で、住居地の福祉サービスが必要な人々の相談・援助・各種手続を行います。
  • 取得方法:指定科目の単位を修得して卒業することにより資格を取得することができます。