子ども医療福祉学科 受験生へメッセージ Department of Medical Welfare for Children

在学生の声

川崎学園での豊富な実習で、目指すべき道が見えました。

在学生の声

田中 玲奈さん(岡山県立岡山一宮高等学校 出身)

「あらゆる子どもに保育を」という学科理念に魅力を感じ、本学への入学を希望しました。川崎医科大学附属病院での病児保育実習や発達障がい児支援のための実習では、多くの気づきや学びが得られました。また、かわさきこども園での実習とアルバイトも良い経験になりました。将来は保育士・幼稚園教諭だけでなく精神保健福祉士の資格も取得し、病気や発達障がいで苦しむ子どもや保護者の支援ができる保育士・幼稚園教諭になりたいです。

卒業生の声

インクルーシブな保育で、子どもの個性を伸ばす保育士に。

卒業生の声

内定:岡山市職員(保育幼児教育)守時 七海さん(岡山県立岡山南高等学校 出身)

公立園での実習を経て、恵まれた環境で働ける公務員保育士を目指すようになりました。試験に向けて苦手科目が克服できずに挫折しそうな時もあったのですが、学科の先生による勉強会や友人と励ましあいながら勉強を続けたことで、無事に合格することができました。卒業後はこれまでに学んだ知識を生かし、インクルーシブな保育で、障がいの有無に関わらず子どもたちの個性を伸ばす保育士を目指します。

「あらゆる子ども」に向き合って保育をしています。

卒業生の声

倉敷市田の口保育園 勤務高津 茉穂さん(岡山県立倉敷天城高等学校 出身)

倉敷市の公立保育所で働いて5年目になります。保育の現場で出会う子どもたちは、生活環境や発達状態、障がいの有無、興味・関心が一人ひとり異なります。上手くいかないことも正直ありますが、授業で学んだ「ノブレス・オブリージュ(気高き者には義務がある)」を胸に、倉敷市の子どもたちのために頑張っています。