子ども医療福祉学科 受験生へメッセージ Department of Medical Welfare for Children

在学生の声

どんな子どもにも対応できる保育者を目指して。

在学生の声

星野 さくらさん(岡山県立岡山朝日高等学校 出身)

2年次に行った初めての保育所実習や施設実習で、子どもたちや利用者の方々の笑顔や納得を引き出す関わりや支援にやりがいを感じることができました。この経験を生かして、3年次の幼稚園教育実習や病児保育実習、4年次の発達障がい児保育実習、精神保健福祉援助実習にチャレンジし、保育現場で出会うあらゆる子どもと保護者を理解できる保育者を目指していきたいと思います。

卒業生の声

「あらゆる子ども」に向き合って保育をしています。

卒業生の声

倉敷市田の口保育園 勤務高津 茉穂さん(岡山県立倉敷天城高等学校 出身)

倉敷市の公立保育所で働いて4年目になります。保育の現場で出会う子どもたちは、生活環境や発達状態、障がいの有無、興味・関心が一人ひとり異なります。上手くいかないことも正直ありますが、授業で学んだ「ノブレス・オブリージュ(気高き者には義務がある)」を胸に、倉敷市の子どもたちのために頑張っています。