医療福祉経営学専攻(修士課程) Master's Program in Health and Welfare

教育理念

医療・福祉施設の運営とマネジメントを融合する新しいメソドロジーとしての医療福祉マネジメント学の確立を目指すとともに、その専門家の養成を目指す。

目的

医療福祉経営学専攻修士課程は、医療福祉分野の経営管理に関する学際的な研究を行い、「持続性」に裏打ちされた適切な医療福祉サービス提供のために必要とされる高度なマネジメント能力を備えた専門家の養成を目的とする。

教育目標

経営管理の視点から医療・福祉施設の経営の中心的存在となってマネジメントに参画できる専門家、指導者、研究者の養成のために、以下の2点を教育目標とする。

  • 1.「医療福祉学」「経営学」「会計学」「経済学」等医療福祉のマネジメントに関連する諸理論を理解させる。
  • 2.医療福祉分野の技術的・制度的独自性や実務に精通させる。

修了後の進路

医療福祉機関の経営の中核

医療福祉経営学専攻では、今後のわが国の施策の妥当性を検証し、医療福祉の質の向上に貢献することのできる人材を、理論と現場での実践力の両面から養成します。そのため、修了後の進路としては、医療福祉機関の中核となる経営管理スタッフ、医療福祉関連産業、医療福祉経営コンサルタント、地域活性化のための研究機関、研究職等が考えられます。