子ども医療福祉学科 カリキュラム Department of Medical Welfare for Childrene

授業は、子どもと健康・精神医学などの「子どもの心と体の分野」、社会福祉・子どもの教育制度などの「子ども医療福祉システムの分野」、相談援助・障がい児のケアと発達支援などの「子ども医療福祉援助分野」、子どものケアと発達支援実習・精神保健福祉援助実習・教育実習などの「子ども医療福祉総合分野」で構成されます。

主要履修科目

基礎ゼミナール [1年次]

基礎ゼミナールでは、子ども医療福祉学科4年間で学ぶ子どものケアと発達支援のための学習内容全体を俯瞰するとともに、「子どもの心と体の分野」「子ども医療福祉システムの分野」「子ども医療福祉援助分野」の各担当教員が各領域の学習内容を概説する。その中にグループ学習も導入します。

小児科学 [1年次]

小児科学では、医学一般を基礎として、小児科病棟や子どもと関係する施設で出会う基本的な小児疾患について学習する。小児によくみられる疾患について基本的な病態を知り、看護師や医師とのチーム医療の中で、医療専門の子どもの援助者ができる役割を勉強します。

保育の心理学 [2年次]

保育の心理学では、発達心理学の知識を基に、子どもの心身の発達を、保育現場でのケアの実践を視野に入れてさらに詳しく学びます。子どもの発達に関わる心理学の基礎を習得し、子どもへの理解を深めます。さらに、生涯発達の観点から発達のプロセスや初期経験の重要性について理解し、演習を交えながら保育との関連も考察します。

子ども医療福祉総論 [2年次]

子ども医療福祉総論では、まず医療福祉の基礎概念である、医療と福祉の統合・ソーシャルインクルージョン・エンパワーメント・アドボカシー・ライフコースといった医療福祉の基礎概念を理解する。そのうえで子どもに焦点を当てて、病気の子どもや保育、発達障害児の援助にあたって、これらの基礎概念がどのように生かされているか理解を深める。