言語聴覚療法学科 受験生へメッセージ Department of Speech-Language pathology and Audiology

在学生の声

専門分野を極めた先生に学べ、知識が深まります。

在学生の声

山本 乃愛さん(広島県立福山明王台高等学校 出身)

本学のオープンキャンパスで、言語聴覚士は子どもから大人まで幅広くサポートできる専門職であると知り、興味を持ちました。実習が豊富で、実際の医療現場に近い環境で学べることも進学を決めた理由のひとつです。勉強は専門性が高く、学ぶ領域が広いため大変ですが、分野ごとにプロフェッショナルの先生に指導を受けられるので、より深い知識が身に付きます。

卒業生の声

スピード感を持った就職活動で、希望の病院に内定。

卒業生の声

内定:一般財団法人三宅医学研究所 附属三宅リハビリテーション病院秋山 奈々さん(香川県立高松商業高等学校 出身)

就職支援センターや先生方のサポートを受け、早くから就職活動に取り組めたことで、第一志望の病院への就職が決まりました。内定先には学科の先輩がいるので、心強いです。以前、言語聴覚士が在籍しない病院で祖父がリハビリを受け、「言語聴覚士がいてくれたら」と感じた経験が将来の道を決めました。この職業を目指す後進が増えてくれるよう、社会で活躍したいです。

超急性期から回復期まで幅広い患者さんを支援。

卒業生の声

川崎医科大学附属病院 リハビリテーションセンター 勤務中村 克哉さん(広島県立三次高等学校 出身)

言葉によるコミュニケーションや嚥下に問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。特に印象に残っているのは、脳梗塞の影響で唾液すら飲み込めなかった患者さんが懸命にリハビリをし、食事が取れるようになった時です。この時に、この仕事をして良かったと感じました。