言語聴覚療法学科 受験生へメッセージ Department of Speech-Language pathology and Audiology

在学生の声

臨床のプロによる講義や実践力を養う学びが豊富です。

在学生の声

齋藤 千加さん(徳島県立城北高等学校 出身)

本学科では隣接する附属病院に勤務する先生方から講義を受けることができるため、実際の臨床現場の話も聞くことができ、教科書だけでは学べない応用まで深く理解することができます。また小児用から成人用まで検査設備が充実しており、実際に臨床で使用する検査道具を用いた体験的で実践的な学習が可能です。正しい知識と高度な技術を身に付けて、患者さんの気持ちに寄り添い、信頼される言語聴覚士になりたいです。

卒業生の声

私の就職活動の支えになったこと。

卒業生の声

内定:医療法人友紘会 西大和リハビリテーション病院真砂野 華子さん(岡山県立邑久高等学校 出身)

就職活動に当たって一番の支えとなったのはゼミの先生です。いつでも親身に相談に乗ってくださり、試験前には「頑張ってね」と背中を押してくださるなど、たくさん助けていただきました。就職活動においては、自分の力だけでは乗り越えられないこともあります。そんな時は学科の先生や就職支援センターの方に助言をしてもらってください。きっと自分の考えがまとまり、自信が持てるはずです。

超急性期から回復期まで幅広い患者さんを支援。

卒業生の声

川崎医科大学 総合医療センター リハビリテーションセンター 勤務中村 克哉さん(広島県立三次高等学校 出身)

言葉によるコミュニケーションや摂食嚥下に問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。特に印象に残っているのは、脳梗塞の影響で唾液すら飲み込めなかった患者さんが懸命にリハビリをし、食事が取れるようになった時です。この時に、この仕事をして良かったと感じました。