言語聴覚療法学科 受験生へメッセージ Department of Speech-Language pathology and Audiology

在学生の声

実践に即した環境で有意義な実習を行える。

在学生の声

水上 七海さん(岡山県立倉敷古城池高等学校 出身)

本学は隣接する病院があるため、実際に使用されている医療機器や検査・訓練道具を用いて学べることが大きなメリットです。私が目指す言語聴覚士が担当する患者さんは、目に見えない障がいを抱えています。私はこのような方たちの一番の理解者になり、最善のサポートができるようになりたいと思っています。そのためにも本学でより多くを学び、経験を積んで夢をかなえたいです。

卒業生の声

超急性期から回復期まで幅広い患者さんを支援。

卒業生の声

崎医科大学附属病院 リハビリテーションセンター 勤務中村 克哉さん(広島県立三次高等学校 出身)

言葉によるコミュニケーションや嚥下に問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。特に印象に残っているのは、脳梗塞の影響で唾液すら飲み込めなかった患者さんが懸命にリハビリをし、食事が取れるようになった時に、この仕事をして良かったと感じました。