臨床工学専攻(修士課程・博士後期課程) Master's Program in Medical Engineering・Doctoral Program in Medical Engineering

教育理念

臨床工学分野における高度な専門性と先見性を持ち、高い倫理観のもとで医療の安全・安心をサポートできる教育者・研究者及び指導者を養成します。

目的

修士課程

臨床工学専攻修士課程は、臨床工学分野における高度な専門知識をもった高度専門職業人と教育・研究者の育成を目的とする。

博士後期課程

臨床工学専攻博士後期課程は、臨床工学分野において高度な専門知識を有するとともに教育・研究活動が自律的に行える臨床工学分野の専門家の育成を目的とする。

教育目標

修士課程

  • 1.医療技術と医療安全に関する高度な臨床工学分野の知識の修得
  • 2.医療の安全・安心を支える基盤となる医用生体工学分野の知識の修得
  • 3.柔軟な発想力と発表能力の獲得

博士後期課程

  • 1.医療技術と医療安全に関する高度な臨床工学分野の知識・研究能力の獲得
  • 2.医療の安全・安心を支える基盤となる医用生体工学分野の知識・研究能力の獲得
  • 3.柔軟な発想力と発表能力、教育指導力の獲得

修了後の進路

医療の安全・安心を支える能力と医療技術の発展・高度化を見据えた研究能力とを備えた人材

臨床工学分野における先進的な医療技術・医療安全に関する高度な専門知識と研究能力を有すると同時に、高い倫理観と臨床工学の先見性をもった学生には、全国での総合病院、専門病院で高度臨床工学技士、医療安全管理者、医療安全教育者としての活躍の場が確保されます。また、医用工学関連の企業では、研究開発の技術者や医用生体工学に関する研究者としての道が期待されます。