リハビリテーション学専攻(修士課程・博士後期課程) Master's Program in Rehabilitation・Doctoral Program in Rehabilitation

カリキュラム

科目一覧

修士課程
PDF
博士後期課程
PDF

履修モデル

修士課程
PDF
博士後期課程
PDF

シラバス検索

主要科目の特長

修士課程

【リハビリテーション学特論A・B】

リハビリテーションに関する幅広い分野の課題についてとり上げ、議論を通じて深く理解し考察する。生理学などの基礎科学から作業療法や理学療法などの臨床領域まで広い分野にわたって講述する。また、リハビリテーションは、医療・健康・福祉にかかわる総合領域であり、幅広い知識と判断が求められる。基礎分野から医療・保健・福祉分野まで、リハビリテーションに関連する重要な課題について内・外の最新の文献を深く理解し考察することを通して、リハビリテーションの本来の姿、将来のあるべき方向性について考察を深める。

博士後期課程

【リハビリテーション学特殊講義】

リハビリテーションは医療にかかわる以前に人間の宗教的・社会的・教育的な面で歴史的に深くかかわってきた。現在では職業的リハビリテーションも加わり、それらが複雑に絡み合っている。文献を講読することによってこれらの理解を深め、リハビリテーションの理念を探求する。