医療福祉学科 受験生へメッセージ Department of Social Work

在学生の声

聞き役としてのコミュニケーション能力を重視。

在学生の声

小野 恵奈さん(岡山県立岡山南高等学校 出身)

私が医療ソーシャルワーカーを目指すようになったきっかけは、本学のオープンキャンパスのミニ講義で医療ソーシャルワーカーの業務内容、やりがいを知ったからです。将来は、入院・退院時に患者さんが抱える不安を共有し、取り除けるような医療ソーシャルワーカーを目指しています。そのため、演習の授業では、話しやすい雰囲気づくり、相手の立場に立って考えることを心掛けるよう努力しています。

卒業生の声

不安を自信に変えてくれた、手厚いサポート。

卒業生の声

内定:川崎医科大学附属病院脇元 美稀さん(岡山県立倉敷南高等学校 出身)

病院での実習で、先輩方が働く姿を見て、医療ソーシャルワーカーとして医療の現場で働きたい気持ちが固まりました。就職活動を始めた当初は不安ばかりでしたが、ゼミの先生や就職支援センターの方、友人からのアドバイスやサポートのおかげで、自信を持って就職試験に臨んだ結果、第一志望の病院から内定をいただくことができました。将来は、患者さんや医療現場の方からも頼られる人材として、チーム医療に貢献していきたいです。

医療現場に隣接しているので、リアルな情報が得られます。

卒業生の声

川崎医科大学附属病院 患者診療支援センター 勤務荒木野 ひかるさん(宮崎県立延岡高等学校 出身)

医療費の相談や介護保険等の案内、退院後の社会復帰に向けての関係機関との調整など、患者さんとご家族の置かれている状況や関係性などを把握して、物理的・心理的負担を軽減できるよう支援を行っています。それぞれの立場での価値観の違いや思いの狭間でお互いをすり合わせていく難しさがあります。リアルな現場が学校のすぐそばにあり、情報が豊富に得られるのが、本学の魅力だと思います。