医療情報学専攻(修士課程・博士後期課程) Master's Program in Health Informatics・Doctoral Program in Health Informatics

教育理念

医療・福祉分野と情報通信技術に関する専門知識を併せ持ち、我が国の医療福祉の水準向上に貢献しうる高度情報通信システムの具現化に必要な幅広い知識を有する学際的情報技術者を養成する。

目的

修士課程

医療情報学専攻修士課程は、情報通信技術に関する高度な専門知識と技術を有する医療福祉情報分野の学際的情報技術者の養成を目的とする。

博士後期課程

医療情報学専攻博士後期課程は、医療情報通信技術に関する高度な専門知識と技術を有し、その進歩発展に寄与する研究能力を有する人材の養成を目的とする。

教育目標

修士課程

  • 1.ITを利用した情報収集能力を向上させる。
  • 2.医療情報の特質とそのセキュリティの重要性を理解させる。
  • 3.柔軟な発想力と発表能力を身に付けさせる。

博士後期課程

  • 1.学際的で実践力のある研究能力を向上させる。
  • 2.研究活動における倫理の重要性を理解させる。
  • 3.TA業務を通して、教育研究の実践力を身に付けさせる。
  • 4.科学的な方法論を習得させる。

修了後の進路

保健医療福祉分野から期待され広がる職域

本専攻の修了者は、大学における研究教育職、電子カルテシステム等を開発する企業の専門技術者、病院における医療情報システム・電子カルテシステム等の担当者、管理者、診療情報の管理職など、医療情報の専門的人材として、研究教育に、実務に、広く活躍しています。実務家として活躍する者の多くは、医療情報技師、診療情報管理士の資格を取得した上で本専攻を修了しており、こうした専門技術者に対するニーズは非常に高く、需要が供給を上回る状況にあります。