理学療法学科 受験生へメッセージ Department of Physical Therapist

在学生の声

様々な職種を目指す仲間と、臨床で活躍できる人材に。

在学生の声

田中 哲仁さん(鳥取県立鳥取東高等学校 出身)

本学には医療福祉系の学科が数多くあるため、多職種連携という医療福祉に必要な考えや感性を大学生活の中で自然と身に付けることができます。自分自身、様々なエキスパートを目指す友人と関わり合い、高め合いながら、モチベーションを高く保って過ごせています。臨床現場で働く先生方の指導のもと、将来はスポーツをする方のサポートができる理学療法士として活躍できるよう努力しています。

卒業生の声

自分の理想の職場像、セラピスト像を持つ。

卒業生の声

内定:社会医療法人愛仁会髙田 朋実さん(愛媛県立松山中央高等学校 出身)

3、4年次の臨床実習を通して、急性期病院のセラピストとしての理想像が明確になりました。インターネットで学内の求人ポータルサイトを閲覧し、気になる病院の情報を収集しました。実習後すぐに就職活動をスタートさせたこともあって、第一志望の病院から早々に内定をいただけました。先生方に色々なアドバイスをいただいたことで、理想の職場に出会えました。

在学中のかけがえのない人との出会いが理学療法士の糧になっています。

卒業生の声

川崎医科大学総合医療センター リハビリテーションセンター 勤務小松 稔也さん(岡山県立岡山大安寺高等学校(現岡山県立岡山大安寺中等教育学校) 出身)

理学療法士として、主に急性期と回復期を担当しています。老若男女を問わず様々な疾患の患者さんと理学療法を実施でき、目標に向かって共に努力していく点にやりがいを感じています。受験生の方は大学選びで悩まれているかもしれませんが、本学では医療福祉人を目指して頑張るたくさんの同期、優しく厳しく接してくださる先生方を含め、かけがえのない人との出会いがたくさんあります。苦しいこと、つらいことがあっても周囲の人と助け合い、励まし合いながら勉学に勤しめます。現在、楽しく仕事が行えているのも、このような人との出会いや経験があってこそだと思っています。