臨床心理学科 Department of Clinical Psychology

科学的な心理学に基づく人間理解を目指し、精神的健康に関わる社会的ニーズに応えます。

  • Point 1
    附属病院をはじめとする豊富な現場で、実践的なコミュニケーション能力を養う。
  • Point 2
    心理学の基礎と実践を体系的に学べるカリキュラム。
  • Point 3
    学科独自のキャリア教育で臨床現場への就職をサポート。

学科概要

目指すは、臨床心理の専門家。医療福祉の現場での活躍が期待される。

本学科では、医療・福祉の分野を中心に、心理的な援助を必要とする人々を科学的な視点から理解し、心理検査や心理療法などの知識や技能を生かして個々に応じた心理的な対人援助サービスを提供できる人材を育てます。

心理専門職として初の国家資格「公認心理師」が誕生。

心理専門職の国家資格「公認心理師」を定める法律が平成27年9月9日に参議院本会議にて可決、成立しました。社会におけるこころの支援の必要性が訴えられて成立した、さまざまな領域の心理的支援をカバーする横断的な資格です。
本学臨床心理学科も、これまでの医療福祉分野をはじめとするさまざまな領域での卒業生の活躍や業績を生かし、今ある豊富なカリキュラムを生かして、「公認心理師」取得に対応したカリキュラムを準備してまいります。

資格・免許
取得を目指す主な資格・免許
●公認心理師(対応カリキュラム準備中)[国家試験受験資格]
〈大学院修士課程修了または学部卒業後所定の実務経験を経た受験 資格(具体的な受験要件は、今後省令で定められる予定)〉
●認定心理士[日本心理学会認定資格]
●臨床心理士[日本臨床心理士資格認定協会認定資格/大学院修士課程修了による受験資格]
●精神保健福祉士[国家試験受験資格]
●心理学検定(特1級・1級・2級)[日本心理学諸学会連合認定資格]
●メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅱ種・Ⅲ種) 大阪商工会議所認定資格]

「公認心理師」についてはこちらをご覧ください。

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

就職データ
2016年度就職率

97.8%

予想される進路
●病院等医療機関
●福祉関連施設
●一般企業
●公務員
●大学院進学 等

「就職率」の詳細はこちらをご覧ください

News & Topics
現場と教育をつなぐ「臨床心理センター」。
現場と教育をつなぐ「臨床心理センター」
川崎医科大学附属病院「臨床心理センター」は、全国の大学病院でも珍しい、臨床心理士を必要とする様々な部署の要請に応える独立した機関です。本学科ではこのセンターと連携し、臨床現場を体験する実習を行っています。また、ここに在籍している臨床心理士が本学科の教員も兼務しており、現場での実務を踏まえた指導を受けることができます。

動画紹介

実習紹介

臨床心理学実践実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ</s
臨床心理学実践実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

川崎医科大学附属病院や旭川荘などの病院や施設などにおいて、患者さんや利用者さんへの臨床心理学的な理解・支援をするための実習を行います。

心理学基礎実験実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
心理学基礎実験実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

心の働きを正確にとらえるために必要な基礎知識・技術を修得、同時に仮説の検証方法も学びます。

教育理念・目的・教育目標

教育理念

科学的な心理学に基づく人間理解を目指し、精神的健康に関わる社会的ニーズに応える。

目的

臨床心理学科は、人間の心を科学的に捉え、精神的健康を求める人々に対して適切かつ積極的な援助ができる人材の養成を目的とする。

教育目標
  • 1. 医療機関や福祉施設などでの実践的な臨床心理学実習を通して、心理専門職に求められる対人援助サービスを行うための基本姿勢を養う。
  • 2. 心理検査や心理療法など、臨床心理学の実践的な知識と技術を修得し、それらを医療機関や福祉施設で活かせる基本的な能力を養う。
  • 3. 心理学の幅広い知識や技能を学び、人間の多様性に対応できる、心温かい豊かな人間性を育む。
3つのポリシー