臨床心理学科 Department of Clinical Psychology

科学的な心理学に基づく人間理解を目指し、精神的健康に関わる社会的ニーズに応えます。

  • Point 1
    附属病院をはじめとする豊富な現場で、実践的なコミュニケーション能力を養う。
    more
  • Point 2
    心理学の基礎と実践を体系的に学べるカリキュラム。
    more
  • Point 3
    学科独自のキャリア教育で臨床現場への就職をサポート。
    more

学科概要

新たな国家資格「公認心理師」にも対応。現場で生きる知識を身に付けます。

本学科では、医療・福祉の分野を中心に、心理的な援助を必要とする人々を科学的な視点から理解し、心理検査や心理療法などの知識や技能を生かして個々に応じた心理的な対人援助サービスを提供できる人材を育てます。

心理専門職として初の国家資格「公認心理師」の養成カリキュラムがスタート。

心理専門職の国家資格「公認心理師」を定める法律が平成29年9月に施行され、平成30年4月から、公認心理師の養成教育が始まりました。公認心理師は、社会におけるこころの支援の必要性が訴えられて成立した、さまざまな領域の心理的支援をカバーする横断的な資格です。
本学臨床心理学科は、大学院臨床心理学専攻とともに、これまでの医療福祉分野をはじめとするさまざまな領域での卒業生の活躍や業績を生かし、今ある豊富なカリキュラムを生かして、「公認心理師」取得に対応したカリキュラムを整備しています。

資格・免許
取得を目指す主な資格・免許
●公認心理師[国家試験受験資格]〈大学院修士課程修了または学部卒業後所定の実務経験を経た受験資格〉
●認定心理士[日本心理学会認定資格]
●認定心理士(心理調査)[日本心理学会認定資格]
●臨床心理士[日本臨床心理士資格認定協会認定資格/大学院修士課程修了による受験資格]
●精神保健福祉士[国家試験受験資格]
●心理学検定(特1級・1級・2級)[日本心理学諸学会連合認定資格]
●メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅱ種・Ⅲ種) [大阪商工会議所認定資格]

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

私のStep Up!私が目指す資格・免許臨床心理士、公認心理師

心理学的な援助に必要とされる、科学的な人間理解の基礎を形成する。

心理学実験Ⅰ·Ⅱ

臨床実践の前提となる科学的な人間理解に向けて、データ収集・分析、レポート作成など基礎知識を習得する。

検査者、被験者双方の体験を通して、心理的アセスメントの本質を理解する。

心理演習A

臨床現場で用いる心理検査の目的を理解し、具体的な方法を検査者・被験者双方の立場から学ぶ。

多様な臨床現場に触れ、心理専門職としてプロ意識を育み、スキルを高める。

心理実習Ⅰ·Ⅱ

心理療法やカウンセリングなど支援の具体的技法を学び、病院や福祉施設での現場実習から実践的スキルを磨く。

※公認心理師対応カリキュラムは2018年4月から適用のため、上記の写真は、以前のカリキュラムにおける対応する科目で撮影したものを使用しています。

就職データ
2017年度就職率

95.6%

予想される進路
●病院等医療機関
●福祉関連施設
●一般企業
●公務員
●大学院進学 等

「就職率」の詳細はこちらをご覧ください

News & Topics
現場と教育をつなぐ「臨床心理センター」。
現場と教育をつなぐ「臨床心理センター」
川崎医科大学附属病院「臨床心理センター」は、全国の大学病院でも珍しい、臨床心理士を必要とする様々な部署の要請に応える独立した機関です。本学科ではこのセンターと連携し、臨床現場を体験する実習を行っています。また、ここに在籍している臨床心理士が本学科の教員も兼務しており、現場での実務を踏まえた指導を受けることができます。

動画紹介

教育理念・目的・教育目標

教育理念

科学的な心理学に基づく人間理解を目指し、精神的健康に関わる社会的ニーズに応える。

目的

臨床心理学科は、人間の心を科学的に捉え、精神的健康を求める人々に対して適切かつ積極的な援助ができる人材の養成を目的とする。

教育目標
  • 1. 医療機関や福祉施設などでの実践的な臨床心理学実習を通して、心理専門職に求められる対人援助サービスを行うための基本姿勢を養う。
  • 2. 心理検査や心理療法など、臨床心理学の実践的な知識と技術を修得し、それらを医療機関や福祉施設で活かせる基本的な能力を養う。
  • 3. 公認心理師・精神保健福祉士の国家試験受験資格取得、認定心理士・認定心理士(心理調査)の資格取得を目指す。
  • 4. 心理学の幅広い知識や技能を学び、人間の多様性に対応できる、心温かい豊かな人間性を育む。
3つのポリシー
Point1
附属病院をはじめとする豊富な現場で、実践的なコミュニケーション能力を養う。
3年次から川崎医科大学附属病院をはじめ、岡山県内を中心に複数の医療福祉の現場で長期実習を実施し、対人援助の基本を学びます。患者さんや利用者さんのほか、ご家族や他職種との連携など、状況や必要に応じて適切なコミュニケーションがとれる能力を身に付けます。
Point2
心理学の基礎と実践を体系的に学べるカリキュラム。
心理学は、企業の商品開発や職務適性に応じた人事配置、行政機関による災害、交通事故対策など、人の暮らしに関わるあらゆる仕事に生かされています。本学科で人間の幅広い心の働きや仕組みの基礎を学び、実習を通じて実践を積み上げることで、幅広い進路が開けます。
Point3
学科独自のキャリア教育で臨床現場への就職をサポート。
本学科では、医療機関や福祉施設などの臨床現場で活躍する卒業生との交流や様々なボランティア活動の機会を提供し、新しい国家資格である「公認心理師」のカリキュラム等のほか、より高度な専門職業人を目指す人のための大学院進学など、きめ細やかな進路支援体制を整えています。