臨床心理学科 Department of Clinical Psychology

臨床心理学科Department of Clinical Psychology

心理職・初の国家資格“公認心理師”対応カリキュラム。科学的な心理学に基づき、心の健康に関わる社会的ニーズに応えます。

4年間の学び心の科学的理解をベースに、心理検査や心理療法などの高度な専門知識・技能を習得。人間の多様性に対応できる人材を養成します。

1年次

心の仕組みを学び、人間理解の基礎固めを目指す。
発達心理学

胎生期から老年期までの人の発達的側面について、様々な発達理論などをふまえて、心理学的な視点から学びます。

学習・言語心理学

経験による人の行動変容と言語習得の機序を体験的に理解します。また、学習理論の臨床応用についても理解を深めます。

心理学実験入門

複数の心理学実験を体験することで、心を科学的にとらえる視点を身に付け、研究倫理やレポート執筆の方法について学びます。

2年次

心の仕組みや働きを多様な観点から学び、心への探究力を育成する。
司法・犯罪心理学

犯罪とは何か、加害者の処遇と再教育はどうあるべきか、被害に遭った人に必要な支援は何かをデータ・理論・法律・事例から学びます。

心理学実験Ⅰ・Ⅱ

心理学の様々なテーマをもとに、研究計画の立案から、データ分析、レポート作成に至る心理学研究の一連の過程を体験的に学びます。

精神疾患とその治療Ⅰ・Ⅱ

精神医学の基礎的な事柄から、実際の精神科医療のあり方、精神科専門病院・精神科診療所・総合病院精神科等の状況を学びます。

3年次

心理学的支援の理論と技法を学び、ひとの多様性への理解を深める。
心理学的支援法

カウンセリングの技法や代表的な心理療法の理論について学ぶと共に、様々な対象・方法による心理学的支援法を理解します。

心理的アセスメント

心理支援の対象となる個人又は集団の特徴理解に必要な心理検査法、面接法、行動観察法に関わる専門的知識と姿勢を学びます。

心理実習Ⅰ

医療機関、福祉施設などで見学実習を行い、心理に関する支援や多職種連携、地域連携の実際について、第一線の実務者から学びます。

4年次

臨床現場にふれ、心理職としてのプロ意識、スキルを高める。
心理演習A

臨床現場で広く用いられている心理検査を検査者と被検査者の双方から体験し、人の心や行動を理解する方法の実際を学びます。

心理実習Ⅱ

少人数のグループに分かれて病院や児童養護施設などへ行き、患者さんや利用者との関わりや観察を通じて心理臨床の実践を学びます。

卒業研究Ⅰ・Ⅱ

卒業研究に向けた計画の立案及び研究を実施し、発想力、問題発見・解決能力、批判的思考力、コミュニケーション力を高めます。

就職・進学

資格・免許

取得を目指す主な資格・免許
  • 公認心理師[国家試験受験資格]※1
  • 臨床心理士[日本臨床心理士資格認定協会認定資格]※2
  • 認定心理士[日本心理学会認定資格]
  • 認定心理士(心理調査)[日本心理学会認定資格]
  • 精神保健福祉士[国家試験受験資格]
  • 産業カウンセラー[日本産業カウンセラー協会認定資格]
  • 心理学検定(特1級・1級・2級)[日本心理学諸学会連合認定資格]
  • メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅱ種・Ⅲ種)[大阪商工会議所認定資格]
  • 1 大学院修士課程修了又は学部卒業後指定施設2年以上の実務経験を経た受験資格
  • 2 大学院修士課程修了による受験資格

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

目指せる職種

就職データ

2021年度就職率

97.5%

前年度100%

予想される進路
  • 病院等医療機関
  • 福祉関連施設
  • 一般企業
  • 公務員
  • 大学院進学 等

「就職率」の詳細はこちらをご覧ください

News&Topics

現場と教育をつなぐ「臨床心理センター」

川崎医科大学附属病院「臨床心理センター」は、全国でも珍しい、心理士を必要とする他部署の要請に応える独立の機関です。本学科はセンターと連携して臨床実習を行うと共に、所属の臨床心理士を学科教員として招き、現場での実務をふまえた指導を行っています。

教育理念・目的・教育目標

教育理念

科学的な心理学に基づく人間理解を目指し、精神的健康に関わる社会的ニーズに応える。

目的

臨床心理学科は、人間の心を科学的に捉え、精神的健康を求める人々に対して適切かつ積極的な援助ができる人材の養成を目的とする。

教育目標
  • 1. 医療機関や福祉施設などでの実践的な心理実習を通して、心理専門職に求められる対人援助サービスを行うための基本姿勢を養う。
  • 2. 心理検査や心理療法など、臨床心理学の実践的な知識と技術を修得し、それらを医療機関や福祉施設で生かせる基本的な能力を養う。
  • 3. 公認心理師・精神保健福祉士の国家試験受験資格取得、認定心理士・認定心理士(心理調査)の資格取得を目指す。
  • 4. 心理学の幅広い知識や技能を学び、人間の多様性に対応できる、心温かい豊かな人間性を育む。
3つのポリシー