作業療法学科 受験生へメッセージ Department of Occupational Therapist

在学生の声

幅広い実習が視野を広げてくれた。

在学生の声

野島 諒菜さん(広島県立大門高等学校 出身)

川崎学園出身の両親から「実習内容が充実」「就職に役立つ」と作業療法士への道を勧められ、本学に入学しました。1年次から附属病院で臨床現場を見学できたことは、モチベーションのアップにつながったと思います。計画から実施まで学生主体で行うレクリエーションの授業では、どんな疾患を持つ方でも楽しめるイベントの企画に取り組み、作業療法士としての視野が広がりました。

卒業生の声

自信を持って、等身大の自分をアピール。

卒業生の声

内定:岡山旭東病院緋田 大輝さん(香川県立土庄高等学校 出身)

脳疾患を持つ患者さんを担当した臨床実習を通して、希望する病院の方向性が定まりました。就職活動を始めた当初は、戸惑いや焦りもありましたが、就職支援センターの方や先生方など、多くの方にサポートしていただきました。「自分に自信を持ち、今の自分をアピールする」という強い気持ちで採用試験へ臨んだことが、内定につながったと感じています。

附属病院が隣接する環境は、想像以上に学生生活を有意義にしてくれます。

卒業生の声

川崎医科大学附属病院 リハビリテーションセンター 勤務花田 見絵さん(岡山県立倉敷青陵高等学校 出身)

高校生の時、祖母が脳梗塞で入院したことをきっかけに、リハビリへの道を意識し、川崎医療福祉大学に進学しました。入学初期より大学に隣接する附属病院で見学実習が行われ、実際の臨床現場を身近に感じられる環境は魅力でした。また、作業療法士という職業に対するイメージが漠然としていた私にとって、とても貴重な経験になりました。大学生活は将来の夢や目標の実現に向けて、とても大切な時期だと思います。勉強やサークル活動などを通して多くの経験をし、幅広く吸収していくことが、今後の自分自身の成長につながるはずです。充実した学生生活を送ってほしいです。