リハビリテーション学専攻(修士課程・博士後期課程) Master's Program in Rehabilitation・Doctoral Program in Rehabilitation

教育理念

医療、福祉の現場あるいは教育・研究機関で、リハビリテーション学を深めるために研究ができる人材の養成を目指す。

目的

修士課程

リハビリテーション学専攻修士課程は、学究的能力を涵養し、高度な理論と技術をもってリハビリテーション学の深化に貢献できる人材の養成を目的とする。

博士後期課程

リハビリテーション学専攻博士後期課程は、リハビリテーション学の研究を深化し、より高度な学術の進歩発展に寄与する研究能力を備えた人材の養成を目的とする。

教育目標

修士課程

  • 1.リハビリテーションの理念を深く理解する。
  • 2.柔軟な発想力を身に付ける。
  • 3.豊かな問題発見能力を涵養する。
  • 4.幅広い情報収集力を培う。
  • 5.科学的方法論を身に付ける。

博士後期課程

  • 1.論理的思考力を深める。
  • 2.研究発表能力を高める。
  • 3.国際的視野を広げる。
  • 4.創造的研究力を涵養する。

修了後の進路

広がる健康づくりに高度な専門性を有した人材

幅広い知識と技術を学んだ学生には、専門性の高い職務を担い得る期待から、医療領域だけでなく、保健・福祉領域をはじめ、行政職や研究職などへの職域拡大が期待できます。また、理学療法士・作業療法士養成を行う大学の教員としての道も期待できます。