健康体育学科 カリキュラム Department of Health and Sports Science

どうやればいつまでも健康が維持・増進できるのか、を適切に指導できるアドバイザーの存在は、今後の社会に欠かせません。健康体育学科では健康学・医学・体育学を3本柱に、健康についてのスペシャリストを育てます。
「健康」を専門的に指導できる人材は学校、病院を始め、あちこちで必要とされています。本学科は保健体育教諭一種免許状、健康運動指導士などの免許・資格取得に向けたカリキュラムで、多彩な活躍を支援します。

特別支援学校教諭一種免許状「カリキュラム構成の骨子と特徴」

1.健康体育学科の教育理念に根差し、体力づくりと健康教育の行える特別支援学校教諭を養成します。

  1. 生徒一人一人のニーズにあった運動指導が実践できる能力を身につけます。
  2. 長期的なプランニングの立場に立って、より健康になるための生涯学習につながる自立支援をサポートする教育を実現できるレベルにまで高められる能力を身につけます。

2.バランスの取れたカリキュラム構成と担当教員を配置しています。

本学科の特色ある内容として、特別支援教育領域に関する肢体不自由、病弱の科目では、既存の授業内容に加えて健康体育学的視点を導入したシラバスを編成しました。また、先に挙げた2領域以外の領域(知的・視覚・聴覚及び情緒・言語・重複・LD等)の科目において、すべての障害種に対応できるシラバス内容としました。

  1. 今回の特別支援教育のカリキュラム構成は、15科目(27単位)に絞って用意しました。慢性疾患や小児外科疾患、公衆衛生学的側面からの生活指導なども網羅できるシラバス編成にしています。
  2. 保健体育科教諭を基礎資格とする特別学校教諭として運動指導、健康教育のできる教員養成を行うために、健康体育学科教員をオムニバス形式で配置しました。
  3. 医療福祉大学内で特別支援に精通した他学科の教員を配置しました。
    ・小児精神神経科医師、理学療法士、自閉症療育の専門家の資格のある教員等々
  4. 特別支援学校(病弱支援学校、肢体不自由支援学校、知的障害支援学校等々)での実務経験のある教員・非常勤講師を数多く配置して実践能力を高められるようにしました。

主要履修科目

運動学実技A~I [1・2・3年次]

陸上競技、水泳、体操および器械運動、武道(柔道・剣道)、球技(バレー・バスケット・サッカー)、ダンス、野外活動、スキーなど、主に学校教育現場で実施されている運動種目を取りあげ、その基礎的・応用的技能および指導法について修得します。

スポーツ心理学 [2年次]

私たちのこころは運動やスポーツから影響を受けたり、逆に影響を与えたりします。本講義では「こころと運動・スポーツの関係」を理解し、スポーツメンタルトレーニングのさまざまな技法を学ぶことによって、受講生自身や保健体育教員・スポーツ指導者になった際の生徒や選手へのメンタルサポートのための技法や指導法を修得します。

運動生理学 [2年次]

身体運動にともなう人体機能の変化と機序について学習するとともに、健康体力づくりのための運動、栄養、休養の必要性と相互の関連性を理解し、将来、職域での運動指導の基礎能力を養います。

臨床スポーツ医学概論 [2年次]

スポーツを行うことによる外傷・障害は避けることができません。医療現場とは別個の立場で、その予防、初期の処置、復帰へのアスレチック・リハビリテーションの作成など、正しい知識を身につけるため基礎と実践を合わせて講義します。

保健体育科教育法A・B [3年次]

「保健体育科教育の概念と目標」「保健科の教育法」「体育科の教育法」といったテーマを中心に、中学・高等学校の教科における保健体育の教育法について講義します。

運動処方演習実技A・B [3年次]

生活習慣病の予防・改善を目的とした運動プログラムを作成するために必要な知識や、そのプログラムをもとに指導する際の技能を習得します。また、高齢者に必要な体力や測定法を理解し、介護予防に向けた運動プログラムを考えます。