感覚矯正学科 言語聴覚専攻 受験生へメッセージ Department of Sensory Science Speech Therapist Course

在学生の声

私の可能性を育む場所。

在学生の声
幼い頃から知的障がいの妹が言語聴覚士によるリハビリを受けており、その必要性と素晴らしさを身近に感じながら育ちました。そして、いつからか言語聴覚士を目指すようになりました。大学入学後は小児だけでなく成人における言語聴覚士のリハビリの重要性も知り、言語聴覚士がさらに意義のある職業であると感じながら日々の勉学に励んでいます。本学では教材や検査道具が豊富で学習環境が整っており、先生方も熱く、優しく、時に厳しく指導してくださいます。また、同じ言語聴覚士を目指す友人や先輩・後輩たちに出会い、お互いに刺激しあいながら充実した学生生活を送っています。皆さんも一緒に川崎医療福祉大学で言語聴覚士を目指してみませんか。

卒業生の声

仕事への思い。

卒業生の声
人の役に立てる仕事に携わりたいと考えていた時に行ったオープンキャンパスで初めて言語聴覚士という仕事があることを知りました。食べること、話すことが好きな私はそれらが不自由になったらどんなに辛いだろう、苦しいだろうか、何か私にできることはないのだろうかという思いで言語聴覚士を目指すことに決めました。現在は回復期リハビリテーション病院にて言葉や飲み込みに障がいのある患者さんの治療を行っています。患者さんの思いをくみ取りながら治療を行っていますが力が及ばず患者さんの望む目標まで到達が難しいことがあります。そのような日々の中でも、また口から食べられるようになって幸せ、年賀状が書けるまでになって嬉しいという言葉を聞くと言語聴覚士として患者さんに携わることができてよかったと思える瞬間です。

自分の好きなこと興味あることを深めていってほしい。

卒業生の声
両親が医療に関係する仕事についており、もともと医療分野に興味がありました。小学生の頃に、リハビリ職に興味を持ちました。
両親の仕事、祖父の病気、親戚に子供が多かったことなどがあり、言語・聴覚・発達・嚥下など幅広い分野を専門とする言語聴覚士という仕事に魅力を感じました。
本学は、附属病院が併設されており、国家試験合格率や就職率も高く、学内の実習や勉強にとても適した環境であると思い、志望しました。

教員の声

患者さんの生き方にも関わるやりがいのある仕事。

教員の声
言語聴覚士は今、社会から強く、また広く求められる職種です。
その対象となる障がいは言語や聴覚の障がいばかりではなく高齢者の認知症、摂食・嚥下障がい(食べることと飲み込みの障がい)、高次脳機能障がい(見る、道具を扱う、記憶するなどの障がい)、そして発達障がい(言語や人と接することなどの神経機能が発達しない)まで含みます。超高齢社会の到来とともにこれらの障がいのある高齢者が増えてきています。
これらの障がいには長期にわたる援助が必要となり、言語聴覚士が患者さんの生き方にも関わることになります。それだけに多くのことを学ばなければなりませんが、本当にやりがいのある仕事だと思います。
私たちと一緒に、言語聴覚士を目指して、一歩ずつ進んでいきましょう。