感覚矯正学科 言語聴覚専攻 受験生へメッセージ Department of Sensory Science Speech Therapist Course

在学生の声

充実した設備環境や仲間たちのサポートが支えに。

在学生の声
身近に言語聴覚士の人がいてよく話を聞いていたので、言語聴覚士の仕事に興味を持つようになりました。高校生の時の医療体験で、本学の先生の訓練の姿勢を見て憧れたのが入学のきっかけです。病院が隣接している環境なので使われている医療機器に実際にふれられることや、図書館の文献が豊富で調べものに役立つことも本学の大きなメリットだと思います。また、授業やクラブ等で他学科とも関わりが深く、違う学科同士で意見交換することもあります。自分が「人と話すこと」「食べること」が好きなので、患者さんにも話すこと・食べることの楽しさを取り戻してあげたいと思っています。

卒業生の声

担当する患者さんの機能回復が、プロとしての喜び。

卒業生の声
言語聴覚士として回復期の患者さんを担当しています。成人の患者さんが自分で食べられるようになったり、上手に話せなかったお子さんがしゃべれるようになったりすると本当にうれしいです。今後は専門性が高められるよう、さらに経験を積みたいですね。著書があるような先生方に直接指導していただけることは本学の魅力のひとつです。学生時代はあっという間、ポランティアなど多くの経験をしてください。