医療福祉デザイン学科 資格・免許 Department of Design for Medical and Health Care

医療福祉デザイン学科で取得可能な資格一覧

  • 任用資格…行政において、各職務に任じて採用され役目を与えられて働く場合に必要な資格
  • 認定資格
認定医療デザイナー[ホスピタルデザイン研究会認定資格]
デザインの応用により、医療関連領域において社会的な役割と信用を確立する新資格です。医療の現場で活躍可能なデザイナーに対して、その能力を保障する目的で認定します。
福祉住環境コーディネーター[東京商工会議所主催検定資格]
医療・福祉・建築について幅広い知識を身につけ、高齢者や障害者に対して、住環境を提案します。
ユニバーサルデザインコーディネーター[日本UD研究機構検定資格]
施設や地域のコミュニテー等において、経営、設備、道具、教育等にユニバーサルデザインを活用し、すべての利用者に良質のサービス提供をめざします。
色彩検定[(社)色彩検定協会検定資格 ※文部科学省後援]
「色に関する知識や技能」を理論的、系統的に学ぶことにより、誰もが「理論に裏づけられた色彩の実践的活用能力」を身につけることができます。
  • 取得方法:検定試験に合格することにより、資格を取得することができます。
社会福祉主事
社会福祉事業従事者としての基礎的な要件でもあり、また、公務員として採用され、福祉事務所等で、住居地の福祉サービスが必要な人々の相談・援助・各種手続を行います。
  • 取得方法:指定科目の単位を修得して卒業することにより資格を取得することができます。