リハビリテーション学科 作業療法専攻 受験生へメッセージ Department of Rehabilitation Occupational Therapist Course

在学生の声

チーム医療が学校生活で自然に学べる抜群の環境。

在学生の声
本学に進学した理由は、附属病院があって1年次から見学実習ができることと、チーム医療を日々の学校生活でも学べるという川崎医療福祉大学ならではの環境に魅力を感じたから。先生と学生の距離感が近く、一体感のある雰囲気はオープンキャンパスの時に感じたとおりでした。講義や実習、課題と毎日忙しいですが、遊ぶ時はとことん遊ぶというメリハリがあって、みんな仲がよい学科で、仲間に助けられています。人と接することが好きな自分の長所を生かして、患者さんに信頼され、たくさんの元気や明るさを与えることができる作業療法士を目指します。

卒業生の声

多くの出会いや経験を通して豊かな人間性を育んで。

卒業生の声
患者さんと一緒に試行錯誤しながら、着替えやトイレ・お風呂などの練習を行い、今までできなかったことが初めてできた時、患者さんと一緒に喜べる瞬間に、この仕事の喜びも一緒に感じています。患者さんの笑顔はすばらしく、私自身も笑顔になります。大学時代はいろいろなことにチャレンジしてください。多くの人との出会い、多くの経験を通して育まれる豊かな人間性は、作業療法士に必要なものです。