医療秘書学科 受験生へメッセージ Department of Medical Secretarial Arts

在学生の声

自分を磨き、輝く未来へ。

在学生の声
本学科では、まず礼儀正しい振る舞い方や一般常識など、社会に出るために必要なことを丁寧に学ぶことができます。
さらに、基礎医学や診療報酬、英語など幅広い分野の学習により、医師や病院を多方面から支えられる医療秘書になるために必要な知識を身に付けることができます。
そのうえで、各分野に特化した様々な資格を取得できるのも大きな魅力です。
資格の勉強は大変ですが、目標に向かって一生懸命に頑張る日々はとても充実しています。
また、学外実習では秘書業務の大切さと大変さを実感し、次の課題を見つけながら成長することができます。
手厚くご指導くださる先生方やかけがえのない仲間と出会うこともでき、本学科を選んで良かったと心から思っています。

卒業生の声

医師事務作業補助者の役割。

卒業生の声
私たち医療クラークが担当している医師事務作業補助の業務は、医師の事務負担を軽減し、医師が診療に専念して上質な医療を提供できるようになるために、厚生労働省の方針で開始されました。
実際に、私たちが医師に代わってカルテの代行入力や、処方箋の記入、各種検査のオーダー、診断書の記載などをするようになり、「医師が患者さんとゆっくり話ができるようになった」「診察の待ち時間が短くなった」「患者さんに早く診断書が渡せるようになった」という声を聞きます。
私たちが患者さんや医師の役に立っていることが肌で感じられ、病院の業務を効率化し、医療の質を向上させ、患者さんの満足につながっていることがやりがいの1つです。

予定がない日には毎日のように就職支援センターに通った。

卒業生の声
私は以前より医療の道に進みたいと考えておりました。
しかし、血を見ることが苦手だったため、「医療事務」という職業を高校の担任の先生に勧めていただきました。
今日では、多忙を極める医療現場で、医学に関する知識と秘書技能を活かし、医師を側面から支える人が必要であるということや、医療秘書の養成を目的とする、日本で初めて、かつ4年制大学では唯一の学科ということを知り、本学進学を決めました。
また、学外実習では、川崎医科大学附属病院を中心に、様々な医療機関で実践的に実習ができるということも決め手の一つでした。

教員の声

医師を支え、より良い医療サービスを提供する重要な職種。

教員の声
医療秘書は、主にチーム医療の診療部門や事務部門での業務を担います。
今後ますます医療現場において必要とされる業務であり、期待されている職種です。
医療秘書は、最善の医療サービスを提供する環境を構築します。
診療現場での電子カルテ代行入力、患者さんへの応対、診療費や地域医療連携のコーディネート、臨床研究の場においては治験に関するマネジメントを行うなど、医療スタッフと患者さんやその家族との適切なコミュニケーションを図りながら、非常に幅広い業務をこなさなければなりません。
“命”に関わる現場で働くという意味を自覚して、ぜひ本学科で医療秘書を目指してください。