医療福祉デザイン学専攻(修士課程) Master's Program in Universal Design

教育理念

デザイン、イラストレーションによる医学、医療福祉への貢献と誰もが安心、安全、快適に過ごせる豊かな医療福祉環境の実現を目指す。さらに医学、医療福祉とデザインあるいはイラストレーションとのインタラクションによる新たな成果領域を形成し、基幹研究領域と教育分野として確立する。

目的

医療福祉デザイン学専攻修士課程は、造形技術及び医学的、医療福祉的な知識を駆使した高度な問題発見能力や問題解決能力を備え、デザイン、イラストレーションによる医学、医療福祉の質的向上に貢献できるデザイナー、イラストレーターの養成を目的とする。

教育目標

  • 1.医療福祉デザイン分野の産業、教育、研究においてリーダーシップが発揮できる人材を養成するために、デザインマネジメントの素養を身に付けさせる。
  • 2.高度なレベルの医学、医療における情報の可視化という特殊専門的分野に関するイラストレーション表現及び技術を培う。

修了後の進路

  • 1.医療福祉関連分野におけるデザインマネージャーおよびデザイン研究者
    人や医療福祉関連分野の仕組みを学び、その分析・調査を通して、医療福祉施設利用者や関係者のニーズを的確に掴み、当該施設における生活環境、情報環境の質的向上に寄与する。
  • 2.高度なレベルの医学、医療専門分野におけるイラストレーターおよびイラストレーション研究者
    医学・医療的専門知識を身に付けた上で当該専門性に特化したメディカルイラストレーションを創造し、関連する各種表現技法、医学図譜学の研究に資する。