視能療法学科 受験生へメッセージ Department of Orthoptics

在学生の声

早くから臨床現場にふれ、放課後は自主練習。

在学生の声

後藤 栞里さん(広島県立府中高等学校 出身)

本学は川崎医科大学附属病院での実習が2年次からあり、早くから臨床現場を体験できます。そのため視能訓練士という自覚や責任感を在学中から持てると思い本学に入学しました。視能訓練士の主な業務である視能検査の技術向上のために、放課後は友達と練習に励み、皆で切磋琢磨して国家資格取得を目指しています。将来は患者さんの立場になって対応できる視能訓練士になりたいです。

卒業生の声

実習を通して、やりたい仕事が明確になりました。

卒業生の声

内定:倉敷中央病院﨑永 梨紗さん(山口県立岩国高等学校 出身)

臨地実習での体験を通して、多職種間で連携してチーム医療を行う病院で活躍したいと思うようになりました。就職活動では自己分析や履歴書の作成に苦労しましたが、ゼミの先生や就職支援センターの方のアドバイスのおかげで、無事内定をいただくことができました。面接で自分の思いを素直に伝えられたのは、何度も練習をして準備した成果だと感じています。

市町村で行う3歳児健診に参加することも。

卒業生の声

川崎医科大学附属病院 眼科 勤務水上 菜美さん(岡山県立倉敷古城池高等学校 出身)

外来で様々な眼科検査を行い、患者さんの見え方や眼の状態を適切に評価することが主な業務です。自身が導き出した検査結果をもとに白内障手術や斜視手術、眼鏡やコンタクトレンズの処方などが行われるため、検査を担当した患者さんの喜びの声を聞いた時や、症状が改善された時は大変やりがいを感じます。