リハビリテーション学科 理学療法専攻 受験生へメッセージ Department of Rehabilitation Physical Therapist Course

在学生の声

仲間、先生、環境が整った最高の環境。

在学生の声
本学科は一人ひとりが個性豊かですが、学園祭やレクリエーション大会などでは団結してまとまり、みんな仲良く楽しい学科です。
勉強では苦しい場面もありますが、この団結心のもと、同じ目標を持つ仲間として、お互いに切磋琢磨し合い頑張っています。
先生との距離も近く、学生の熱意に応えてくださる方ばかりで、優しく丁寧に、時には厳しく指導してくださいます。
実習環境も充実しており、1年次からすぐ隣にある附属病院で臨床を経験して、生理学的、解剖学的な面に興味を持つことができました。この大学で学べることが本当に良かったと実感する日々です。
皆さんも、この大学で一緒に理学療法士を目指しましょう!

卒業生の声

ここでの出会いが一番の宝もの。

卒業生の声
大学で学ぶ勉強はもちろん大切です。
しかし、私はここでかけがえのない素晴らしい出会いに恵まれました。
卒業するのが惜しまれるほどでした。
それから約1年。一緒にはしゃいでいた同期生は、共に切磋琢磨し向上していける仲間となり、熱心に指導してくださった先生は、励ましてくれる先輩となりました。
就職してからの1年間、自分の知識や技術のなさに悔しい思いもしました。
そんな時、助けてくれるのは、仲間であり、先輩であり、先生でした。今、楽しく仕事ができるのも、この出会いがあったからこそだと思います。
大学での出会いは一生の宝ものです。
これから入学する皆さんも、素晴らしい出会いに恵まれることを願っています。

実習を通して自分のなりたい将来像を具体的に考えた。

卒業生の声
小さい頃から、医療の現場で人の役に立てる仕事をしたいと思っていました。
高校時代に両親の影響もあり、理学療法士という職業を知りました。そこから、自分で理学療法士を調べている間に魅力を感じていました。
また、オープンキャンパスで先生方や先輩方のお話を聞くことで本学に興味を持ちました。
本学には、隣接する付属病院があり臨床的な勉強ができると感じ、充実した学生生活を送ることができると確信し受験することにしました。

教員の声

専門職としての自覚を持って。

教員の声
専門職として認められるためのポイントは4つです。
1.高度な教育による知識・技術の修得です。
2.法的及び社会的承認があること。理学療法士は国家資格です。専門職として認められるためには、まず国家試験の合格が必須です。
3.自己規制。医療福祉の分野では、より高い倫理観が要求されます。誠実で謙虚な姿勢は患者さんからの信頼につながります。
4.公共へのサービス。身に付けた知識・技術をきちんと提供することが最も大切となります。
このような専門職としての自覚を持つため、1年次から川崎医科大学附属病院での見学を含め、多くの臨床場面に接するカリキュラムを組んでいます。