医療福祉経営学専攻(修士課程) Master's Program in Health and Welfare

カリキュラム

科目一覧

修士課程
PDF

履修モデル

修士課程
PDF

シラバス検索

主要科目の特長

修士課程

【医療福祉マネジメント特論Ⅰ・Ⅱ】

総論による医療制度改革の方向性を把握した後に、各機能別に保有すべき機能、連携、診療報酬制度、収益管理(包括払い制度への対応)、組織、制度改革対応といった切り口から研究を進める。とくに、医療機能の分化が加速度的に進むなか、病院の経営戦略はその目指すべき方向性により大きく異なることを受けて、医療マネジメント論を発展的かつ応用的に捉え、医療機能に応じた経営特性を把握するとともに、戦略的経営課題を各論的に抽出し、より高度な戦術論の展開が可能な能力醸成を目的に実践事例研究を進める。また、福祉マネジメント基礎理論について、実務面での理解を深めるために、応用・実践的専門理論を学ぶ。今後の福祉業界を担っていく人材を育成するためには、事務長または福祉経営コンサルタントとしての必要な知識の修得が不可欠であるため、福祉施設に必要とされる実践的経営論(経営計画の立案を含み)を中心に高度な理論体系化の研究を進める。