医療福祉デザイン学科 就職・進学状況 Department of Design for Medical and Health Care

2018年度就職状況

  • 卒業生…12名
  • 就職者…10名
  • 進学者…0名
  • その他…2名

(2019年5月1日現在)

業種別・地域別就職状況

(就職者 10名)

就職先の傾向

今、医療機関や福祉施設で、デザイン導入の動きが増えてきています。院内環境の改善、わかりやすい医療情報の伝達、医療機関での円滑な多職種連携のための相互理解など、様々な課題解決にデザインが欠かせないことが周知されはじめています。本学科は、こうした時代のニーズに応える人材を育成する日本で唯一の学科です。医療福祉の理念、倫理、基礎知識を学び、医療福祉に特化したデザイン演習及び医療機関での実習体験を通し、デザインスキルを持つ医療スタッフとして、又は医療福祉の知識をアドバンテージとして活躍できるデザイナーを輩出しています。また、日本では他に類をみないメディカルイラストレーションも修得できます。

過去3年間の主な就職先

病院等医療機関

学校法人 川崎学園、玉島中央病院、児島聖康病院、岡山博愛会病院、岡山中央病院、HITO病院、松波総合病院、水島中央病院、青木内科小児科医院

福祉関連施設

昴、晋栄福祉会

医療福祉系企業

サンキ・ウエルビィ株式会社、株式会社生活科学運営、株式会社メジカルビュー社、株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター、ゴダイ株式会社

一般企業

興南設計株式会社、島田有限会社クリエイティブ、株式会社双葉店飾社、株式会社イタミアート、株式会社アルファ、小松印刷株式会社、株式会社ヨシカワ、株式会社イッツ、株式会社L.ACT、株式会社357、有限会社シーガル、株式会社クラビズ、株式会社テレサイト、株式会社尾崎スクリーン、株式会社シェアードバリュー、株式会社富士カガク、トヨタホーム岡山株式会社