医療秘書学専攻(修士課程) Master's Program in Medical

教育理念

既設の医療福祉マネジメント学部医療秘書学科教育体制の上に、「医療秘書学」のさらなる高次元の学問的構築を図り、以って、その成果を教育及び社会に還元するとともに、人材育成に寄与することを目指す。

目的

医療秘書学専攻修士課程は、医療福祉分野の医療秘書に関する学際的研究を行い、適切な医療サービスの提供のために必要とされる高度な「補佐機能」を備えた専門家の養成を目的とする。

教育目標

高度な専門的職務を担う医療秘書としての人材を育成するとともに、理論と実務に関する専門的能力を有し指導的立場に立つ教育者及び医療秘書事象に関する諸研究の向上に貢献しうる高度な専門的能力を有する研究者を養成する。その養成のために、以下の3点を教育目標とする。

  • 1.臨床及び臨床研究(治験)分野で活躍する医療秘書(クリニカルセクレタリー、クリニカルリサーチセクレタリー)の育成
  • 2.臨床及び臨床研究(治験)分野の医療秘書に必要な知識、国際標準的な考え方、語学力、及び実践力の修得
  • 3.実学としての医療秘書学の研究者、指導者の養成

修了後の進路

高度専門職としての医療秘書を目指して

医療秘書学専攻では、急速に進行する医療環境の変化に適切に対応し、医療現場の充実発展に貢献できる有能な人材を、理論と実践の両面から養成します。そのため、終了後の進路は、医療機関において医師等が効率的に業務遂行できるように側面からサポートする高度な医療秘書をはじめ、医療秘書学の専門家・研究者・教育者などが期待されます。