作業療法学科 就職・進学状況 Department of Occupational Therapy

2023年度就職状況

  • 卒業生…57名
  • 就職者…54名
  • 進学者…0名
  • その他…3名

(2023年5月1日現在)

業種別・地域別就職状況

(就職者 54名)

就職先の傾向

2023年度は1,062件(2,716名)と、多くの医療・福祉施設等から求人をいただいております。また本学科の就職内定率は開学以来100%を維持しており、様々な地域で卒業生が活躍しています。

就職先は、病院医療施設が90%以上を占めていますが、発達障がい施設や介護・福祉施設への就職も増加傾向にあります。地域別の就職状況は、岡山県を中心とした中国地方が70%以上で最も多く、次いで四国地方、近畿地方の順になっています。また、関東・九州地方からも多くの求人をいただいており、毎年数名の学生がこれらの地域に就職しています。

過去3年間の主な就職先

〈医療技術学部リハビリテーション学科作業療法専攻の実績も含む〉

病院等医療機関

【中国地方】 川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センター、国立病院機構、岡山県精神科医療センター、岡山大学病院、岡山リハビリテーション病院、万成病院、まな星クリニック、慈圭病院、倉敷中央病院、倉敷成人病センター、倉敷平成病院、倉敷リハビリテーション病院、倉敷スイートホスピタル、水島中央病院、笠岡第一病院、さとう記念病院、津山中央病院、くらしき放課後児童クラブ支援センター、脳神経センター大田記念病院、福山リハビリテーション病院、西広島リハビリテーション病院、皆生温泉病院、【四国地方】近森病院、かがわ総合リハビリテーション事業団、三豊総合病院【近畿地方】森之宮病院、石川病院、神戸平成病院【九州地方】福岡徳洲会病院【関東地方】イムスリハビリテーションセンター東京葛飾病院、江田記念病院