保健看護学専攻(修士課程・博士後期課程) Master's Program in Nursing・Doctoral Program in Nursing

教育理念

保健看護学は実践の科学であり、本課程では研究者、教育者と並んで実践者の教育に力を入れている。ケアの本質である生命への畏敬、人間愛、相互信頼を基盤に関連領域と連携を図り、広い視点で多様化するヘルスニーズに応えるような人材育成を目指す。

目的

修士課程

保健看護学専攻修士課程は、健康問題の解決を目指す「支援活動」としての保健・看護ケアを、サイエンスとして、アートとして探究することにより、人間性豊かな専門職業人の養成を目的とする。

博士後期課程

保健看護学専攻博士後期課程は、人間の尊厳を基盤において、保健・看護ケアを理念、知識、技術のいずれの次元からも探究することにより、次世代に伝える保健・看護学の構築に貢献できる人材の養成を目的とする。

教育目標

修士課程

  • 1. 修士の実践課程を通して専門職業人としての能力を習得する。
  • 2. 「保健看護学実習」による実践経験を通して、保健・看護ケアとケア提供に関する知識と技術、そして臨地の場における実践力を身に付ける。
  • 3. ティーチング・アシスタント制度を通して、授業の実施方法や教材作成の機会をつくり、看護教育者としての能力を身に付ける。

博士後期課程

  • 1. 保健・看護学の構築を目指し、看護ケアの開発と研究を行う。
  • 2. 修士課程での看護方法・システムに関する研究を、発達期看護研究と包括的地域看護研究に発展させ、博士論文を完成させる。
  • 3. 研究の成果を学会で発表し、さらに学会誌へ投稿する。

修了後の進路

ヘルスケアサービスの現場では質の高い保健看護職へのニーズが高まっています。将来、クリニカルナーススペシャリストや看護管理職者等、高度専門職業人あるいは研究者として実践と学問の掛け橋としての役割を担うことが期待されています。