• TOP
  • 学部・大学院

学部・大学院Department

豊かな福祉社会の創造的担い手を育成

本学では、学生や社会のニーズに対応できる充実した学習支援体制のもと、豊かな人間性を養うための基礎教育科目と専門的知識や実践力を身につけるための専門科目を学科・専攻ごとにバランス良く配置しています。

また、各学科の教育方針・人材養成の目的に沿った体系的なカリキュラムを編成しているため、履修計画が立てやすく、学生の個性に応じた学習環境の提供と目標とする資格の取得をサポートすることが可能です。

学部

医療福祉学部

医療福祉の視点(医学モデルと社会モデルを統合した視点)を基本に位置づけ、患者や援助を必要とする人たちを様々な方法で支援するための理論と実践力を備えた専門職業人を養成する学部です。

医療福祉学部の教育理念・目的・教育目標

保健看護学部

高度な医療知識と様々なシーンに対応する人間力を育み、より高い専門性を身に付けることができる学部です。

リハビリテーション学部

高齢化社会に向けて今後ますますニーズが高まるリハビリテーション分野を、理学療法・作業療法と言語聴覚療法・視能療法の各領域ごとに学べる学部です。

医療福祉マネジメント学部

質の高い医療福祉サービスを提供するために、生活の支援や治療・指導等の直接処遇を行う専門職の人たちを側面からサポートすると同時に、組織全体の機能を配慮することができるマネジメントの専門家を養成する学部です。

医療福祉マネジメント学部の教育理念・目的・教育目標

大学院(修士課程/博士後期課程)

専門分野の学びをさらに深化・発展させ、指導的役割を担う力を身に付けることができます。

人間愛と生命の輝きに立脚した「医療福祉学」「医療技術学」「医療福祉マネジメント学」の学問体系を構築し、医療・福祉・健康分野の理論と実践についての深い知識・優れた技能・高い倫理観と、少子高齢化の進む社会の要請に応えうる能力、国際的視野を備えた指導的役割を担う人材を育成します。

大学院の教育理念・目的・教育目標

社会人大学院生を対象とする制度