休学・復学・退学・除籍Leave of absence / restoration / withdrawal / removal

学籍の異動について

学籍異動(除籍を除く)を希望する場合は、下記の手続きを行っていただきます。
なお、学籍異動の願い出は事前に行うことが原則であり、月日をさかのぼって願い出ることはできませんのでご注意ください。詳しくは教務課窓口までお尋ねください。

休学

病気その他やむを得ない理由で、2か月以上引き続き修学が困難な場合は、願い出により、休学することができます。事前に指導教員等に相談し、「休学願」用紙を教務課まで取りに来てください。

留意事項

  • 休学できる期間は休学願を提出する月の翌月以降、月初めから1か月単位で、当該年度末までです。
  • 引き続き次年度も休学をする場合は再度手続きを行ってください。
  • 休学期間は原則として1年以内としますが、特別の理由があると認められた場合は、さらに1年を限度として延長を認めることがあります。
  • 休学は連続して2年、また通算して4年を超えることはできません。
  • 休学期間は在学期間に算入されません。
  • 休学を願い出る場合は、その直前となる学期の学費を完納してください。
休学期間 納入が必須条件となる学費
4月1日から9月30日まで(または翌年3月31日) 前年度分
4月2日以降、9月30日まで(または翌年3月31日) 当該年度春学期分
10月1日から翌年3月31日まで
10月2日以降、翌年3月31日まで 当該年度分
学期単位で休学する場合、当該学期の授業料は免除されます。
願い出た休学期間満了後、復学を希望する場合は復学願を提出してください。
※上記の手続きをせず、長期にわたり無断欠席をした場合、
その期間は在学期間に算入され、学費も納入しなければなりません。

復学

休学の理由が解消し、復学を希望する場合は、事前に指導教員等に相談し、「復学願」用紙を教務課まで取りに来てください。なお、復学希望日の10日前までに願い出てください。

提出書類と提出先

「復学願」に所要事項を記入の上、教務課に提出してください。病気等の理由で休学していた場合は、休学理由が解消された旨(病気が完治した、等)が明記された診断書を添えて提出してください。

退学

家庭の事情や一身上の都合等で、やむを得ず退学を希望するときは、できるだけ早めに指導教員等に相談し、「退学願」用紙を教務課まで取りに来てください。
将来に係ることですので、安易な気持ちで退学の道を選ぶことのないよう、慎重に行動してください。

提出書類と提出先

「退学願」に所要事項を記入の上、教務課に提出してください。病気等の理由で願い出る場合は、その旨が明記された診断書を添えて提出してください。

留意事項

退学できる日は原則として願い出た月の末日です。
退学を願い出る場合は、当該学期の学費を完納してください。

満期退学:修業年限満了ならびに単位修得後における退学(大学院博士後期課程のみ)

満期退学(修業年限満了ならびに単位修得後における退学)は、3年以上在学し、所定の単位を修得、必要な研究指導を受けているものが、論文未提出の状態で退学を希望する場合に申請ができます。希望する学生は指導教員等に相談し、「修業年限満了ならびに単位修得後における退学願」用紙を教務課まで取りに来てください。

修業年限延長(大学院博士後期課程のみ)

修業年限延長は、3年以上在学し、所定の単位を修得、必要な研究指導を受けているものが、論文の作成等で引き続き在学しなければならない場合に申請することができます。希望する学生は指導教員等に相談し、「修業年限延長願」用紙を教務課まで取りに来てください。

除籍

除籍は、授業料等の納付を怠り、督促してもなお納付しない場合や8年の在学年限を超えた場合、通算して4年の休学期間を超えてなお修学できない場合等に、大学側からの措置として行われることになります。