私の学生生活My life

私の学生生活

学生の数だけ、充実ライフがあります。

全国から学生が集まる本学では、一人ひとりがそれぞれの目標に向かって充実した学生生活を送っています。その一端に触れて、未来をイメージしてみましょう。

一人暮らし(マンション)

自己管理ができてこそ、自由を楽しむこともできます。

医療技術学部 感覚矯正学科
井上 華さん(広島県/三原高等学校出身)

一人暮らしのメリットは、大学の近くにある希望の住居を選んで生活できること。勉強やサークル活動で帰りが遅くなっても、近くなので安心です。朝も通学に時間がかからない分、余裕を持って行動できます。家事や生活費の管理など、一人でいろいろなことができるようになり、自立心や責任感も養われたと思います。しっかり自己管理をして暮らしながら、時には部屋で友達と一緒に勉強したり、鍋パーティーを開いたり、メリハリを大切にしています。

一人暮らし(学生寮)

集団生活ならではの楽しさと学びが魅力です。

医療技術学部 保険看護学科
坪井 端葉さん(山口県/西京高等学校出身)

家賃など生活費を節約でき、大学から近くて通学が便利なのが寮生活のいいところ。いつも周りに仲間がいるので、寂しくてホームシックになるといった心配もいりません。勉強でわからないところや悩みがあるときは、先輩に相談してアドバイスしてもらうこともできます。みんなでにぎやかに楽しく生活できるだけでなく、人とのかかわり方やマナー、社会性など、集団生活の中で学ぶことが多くあります。寮はキャンパスと共に、私にとって大切な場所です。

自宅通学

ありがたい環境に感謝して、勉強にサークル活動に励む日々。

医療福祉マネジメント学部 医療情報学科
河原 翔さん(岡山県/岡山大安寺高等学校出身)

自宅からJRを使って通学しています。電車に乗っている時間は短いながらも、本を読んだりして有効に活用しています。家族が身の回りのことをしてくれるので安心です。雨の日に車で大学まで送ってもらったときなどは、本当にありがたいなと思います。キャンパスも施設設備が整っていて快適です。恵まれた環境にただ甘えるのではなく、感謝して勉強とサークル活動の両方に励み、充実した日々を送っています。