AED(自動体外除細動器)についてAbout AED

AED(自動体外除細動器)とは

AED(自動体外除細動器)とは

AEDは、「突然心臓が止まって倒れてしまった人」の心臓のリズムを、心臓に電気ショックを与えることにより再び正しいリズムに戻し、蘇生するための治療機器です。操作方法も簡単で、音声ガイダンスに従うことで一般の人でも使えるように設計されており、緊急時の救命率を高める手法として大きな役割を果たしています。

AEDをくみこんだ救命処置の流れ[417KB]

AED(自動体外除細動器)の設置場所

本学では、AED(自動体外式除細動器)を、以下の7か所に設置しています。

  1. 総合グラウンド
  2. 防災センター(1階)
  3. 健康管理センター(7階)
  4. 体育館管理室(1階)
  5. テニスコートのプレハブ
  6. 弓道場
  7. 川崎医科大学野球グラウンド

AED設置マップ

AED設置マップ
  • 総合グラウンド総合グラウンド
  • 防災センター(1階)防災センター(1階)
  • 健康管理センター(7階)健康管理センター(7階)
  • 体育館管理室(1階)体育館管理室(1階)
  • テニスコートのプレハブテニスコートのプレハブ
  • 弓道場弓道場
  • 川崎医科大学野球グラウンド川崎医科大学野球グラウンド
PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。ダウンロードはこちら