警報・交通不通時の取り扱いHandling at the time of warning / traffic discontinuity

特別警報・警報の発令及び公共交通機関不通に伴う授業・定期試験の実施

本学では、特別警報・警報の発令及び公共交通機関が不通になった場合、原則として次のとおりに決めています。

1.特別警報発令の場合

気象庁より、岡山県南部(岡山・倉敷・東備・井笠・高梁各地域)に大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪、津波、火山噴火、地震のいずれかの特別警報が発令された場合は休講とする。

2.警報発令の場合

気象庁より、岡山県南部(岡山・倉敷・東備・井笠・高梁各地域)に暴風警報が発令された場合は休講とする。ただし、大雨などその他の警報は対象外とする。

3.公共交通機関不通の場合(ストライキ等を含む)

公共交通機関のうち、JR山陽本線・伯備線の岡山-倉敷間が理由の如何に関わらず不通の場合は休講とする。

4.特別警報・警報(暴風)の解除又は公共交通機関の運転再開が行なわれた場合、次のとおりとする。

特別警報・警報(暴風)解除又は開通時刻 授業開始時限
6:30まで 平常どおり実施(8:45より)
10:30まで 第3時限より実施(12:45より)
10:31を過ぎた場合 全時限休講

共通事項

  1. 定期試験期間中もこの措置を適用する。なお、措置が適用された当該試験に関しては別に掲示等により通知する。
  2. 休講とは、学内の講義・実習(又は演習)等一切を含めるものとする。なお、学外における実習については、岡山県南部に特別警報・警報(暴風)が発令された場合に限り、学内と同様の条件で休講扱いとする。また、岡山県南部以外の実習地域で特別警報・警報(暴風)が発令された場合は、実習施設の指示に従うこととする。
  3. 授業等実施中(午前8時45分以降)に特別警報・警報(暴風)が発令された場合は、学長の判断によって対応する。
  4. 休講の対象となった授業や定期試験は、原則として補習や追試験を実施することとする。
以上の原則に従い、気象情報や列車運行情報等に注意してください。

関連リンク

気象庁ホームページ

JR西日本ホームページ