定期試験Periodic Examination

定期試験

履修している科目の講義が終わるとほとんどの授業で定期試験が行われます。試験の期間や各科目の試験日程等は「川崎医療福祉大学ポータルサイト」にてお知らせします。

追試験・再試験

追試験

特別かつ正当な理由があり、定期試験を受験できなかった者については、試験日から3日以内(祝日・日曜日は除く)に追試験受験願に事由証明書を添えて願い出た場合のみ対象になります。1回に限り追試験を認めます。
欠席事由 必要な証明書および届出の内容 備考
本人の病気 医師の診断書 医師の診断書により、受験が困難と判断されたものに限る
結婚または忌引 結婚または死亡を証明する書類 3親等内の血族および1親等の姻族

欠席の取り扱い参照

災害 被災証明 地震、台風、火災、水害などによるもの
交通事故 事故証明
就職試験 就職試験に関する公的証明書
公共交通機関の延着 公共交通機関の延着証明
課外活動その他における
やむをえない事由
事由証明書 事由書の提出に対し、教務部長が判断する

再試験

定期試験もしくは追試験の結果、担当教員が必要と認めた場合に再試験を行うことがあります。再試験の合格者の成績は、すべて60点となります。

その他試験の実施

各科目の担当教員によっては、授業中の適当な時期に臨時に試験を行うことがあります。この場合は、試験日時を掲示しない場合があります。

受験の心得

  1. 履修登録をしていない科目は受験できません。
  2. 出席時間数が、授業実施時間数の3分の2に達しない者については、当該科目の受験ができません。実習科目については、全出席を原則とします。
  3. 学生証は必ず持参し、試験中は机上の見えやすいところに必ず提示してください。当日、学生証を忘れた者は、学生課で仮学生証の交付を受けてください。
  4. 試験開始後20分を過ぎると、入室を認めません。
  5. 試験開始後20分間は、退出できません。
  6. 座席を指定している場合は、指定座席で受験してください。座席を指定していない科目も、座席表「1」から順に着席して受験してください。
  7. 受験に際しては厳正な態度で臨み、不正行為ならびにまぎらわしい行為は一切してはなりません。受験中に不正行為のあった者、または不正行為があったと認められる者については、履修規程第13条により、当該学期の全授業科目の成績の判定はされず、学則第43条による懲戒処分の対象となります。
  8. その他試験室では、すべて監督者の指示に従ってください。
  9. 携帯電話・PHS等の電源は、教室に入る前に必ず切ってください。