診療放射線技術学科 受験生へメッセージ Department of Radiological Technology

在学生の声

他学科との交流で、チーム医療への意識が高まります。

在学生の声

徳本 彩妃さん(沖縄県立那覇西高等学校 出身)

祖母が放射線治療を受けたことから、診療放射線技師を目指すようになりました。本学では一年間にもわたる実習が経験できるのが大きな魅力です。また医療福祉関係の仕事を目指す他学科の学生との交流を持てるため、それぞれの立場や考えを知ることができ、チーム医療への理解が深まります。将来は最先端の医療技術や機器を駆使して診断・治療に携わり、地域医療に貢献したいです。

卒業生の声

恵まれた環境と手厚い指導で、希望していた地元の病院に内定。

卒業生の声

内定:公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院中川 裕理さん(岡山県立倉敷青陵高等学校 出身)

臨床実習では技師の方々から助言をいただき、自分のスキルを磨ける病院への就職を志望するようになりました。4年次は就職活動や国家試験、卒業研究などが重なって大変でしたが、履歴書の添削や面接練習など就職支援センターをはじめ先生方の親身なサポートのおかげで、希望していた地元病院への内定をいただきました。就職活動は、視野を広げ、自己を見つめなおす、成長につながるいい経験となりました。

一人でも多くの命を救えるように。

卒業生の声

(財)岡山県健康づくり財団 勤務土本 明葉さん(岡山県立総社南高等学校 出身)

診療放射線技師として肺がん・胃がん・乳がんなどの検診業務に携わっています。検診は病気の早期発見が可能で、やりがいのある仕事です。検診では不安を感じる方もいますが、その緊張をほぐしながらより良いX線写真を撮影し、がんで命を落とす人を一人でも救えるよう、日々技術の向上と精度管理に努めています。