医療福祉経営学科 受験生へメッセージ Department of Health and Welfare Services Management

在学生の声

将来はAIを活用して、病院経営に携われる人材に。

在学生の声

柚木 章吾さん(岡山県立玉島商業高等学校 出身)

少子高齢化が進む中、医療に特化した経営は時代のニーズにあっていると感じ、本学科への進学を決めました。先生方との距離が近く、いつでも親身になって教えていただけます。現在、医業経営コンサルタントの資格取得を目指していますが、勉強を通して今後は医療業界でもAIの導入が進むことを知り、興味を抱いています。社会情勢が変わっても、医療業界で一生働ける仕事に就きたいです。

卒業生の声

自己分析を通して、自分と向き合えた。

卒業生の声

内定:国立病院機構(近畿)木曽 皓揮さん(広島県立大門高等学校 出身)

就職活動を始めるまで自分のやりたいことが見つからず、企業か病院のどちらへ就職するか迷っていました。就職支援センターの方に相談し自己分析から始め、最後には自分の特性にあった職場を見つけることができました。自分の力を最大限に発揮するには、自分自身を知ること、得意分野を見つけることが大事です。就職先では「コツコツ真摯に取り組む」という自分の特性を生かし、地域や周囲の人々に役立てる仕事をしたいです。

病院を経営面から支える医療専門職に。

卒業生の声

独立行政法人 国立病院機構 福山医療センター 勤務橋本 牧さん(岡山県立玉島高等学校 出身)

現在は経営企画係として、経営に関するデータ集めや会議資料の作成を担当しています。本学科の魅力は、医療と経営の両方から学べるカリキュラムが揃っている点です。一般的な経営学科と異なり、医療専門職として働く中で、経営面だけでなく、診療報酬や医療制度・政策の話が出た時に、大学で学んだ知識が役立ちます。今後は多職種に寄り添い、必要とされる人になりたいと思います。