医療福祉経営学科 受験生へメッセージ Department of Health and Welfare Services Management

卒業生の声

将来のためにも資格修得に向けて努力した。

卒業生の声
私は、高校の頃、私の家族が入院をしないといけない状況になり、ある病院に入院を依頼したところ、入院を拒否された経験から、「なぜ入院を拒否されるのだろうか。」などの疑問がわき、病院側の立場になって考えようと感じ、医療の知識等を学ぶことができる大学に進学しようと考えました。
さらに、私の高校は、商業高校であり、当時、簿記などを勉強していて、大学でももっと簿記や経営について勉強したいと感じていました。
以上の理由から、医療と簿記や経営を一緒に学ぶことができる、医療福祉経営学科に進学しようと決意しました。

教員の声

未来の医療福祉を支えるのはマネジメントです。

教員の声
医療福祉サービスは「いつでも、どこでも、誰でも、公平に」提供されなければならず、これらのサービスは税金あるいは保険料など、国民一人ひとりの支えによって運営されています。
したがって、国民一人ひとりの大切な支えを無駄遣いすることなく、効果的に運営するというマネジメントの視点が求められます。医療福祉経営学科では、病院や社会福祉施設の安定的かつ効率的な経営管理(マネジメント)を実現するための専門職員を育成しています。
未来の医療福祉を支えるマネジメント部門の専門家になりませんか?