医療福祉デザイン学科 受験生へメッセージ Department of Design for Medical and Health Care

在学生の声

オープンキャンパスに参加し、進学を決意。

在学生の声

池田 萌乃さん(広島県/盈進中学高等学校 出身)

以前から気になっていた医療福祉デザインについて知りたくて、本学のオープンキャンパスに参加しました。そこで先輩たちから話を聞き、オリジナリティのある学科での学びに惹かれて進学を決めました。将来は地元の福山市の病院で企画広報担当として就職し、医療福祉デザインの考え方を生かしたよりよい病院づくりに貢献したいと思います。

卒業生の声

まずは「将来やりたいこと」を明確に。

卒業生の声

内定:医療法人社団KNI 北原国際病院河本 花波さん(兵庫県立太子高等学校 出身)

実習で訪れた病院はとても先進的で、ここで自分の力を試してみたいと思うようになりました。就職支援センターの方の手厚いサポートを受けながら就職活動に挑み、希望していた病院の内定をいただきました。早くから自分が何をやりたいのかが明確になったことが、長い就職活動を乗り切る力となり、目標達成につながったと思います。大学での学びを生かして、人や社会に役立つ存在になるのが目標です。

「好きなことを生かし、誰かのためになる仕事がしたい」私の理想を現実に。

卒業生の声

社会福祉法人 岡山博愛会 岡山博愛会病院 勤務佐藤 日奈子さん(岡山県立総社南高等学校 出身)

私は幼い頃から絵を描くこと、ものをデザインすることが好きでした。本学の医療福祉デザイン学科の「人間の幸せに寄与するデザインを追求し、豊かな人間環境の創造に貢献し得る人材を育成する」教育目標に魅力を感じて進学しました。「医療福祉デザイン」とは相手の立場になり、相手の幸せのために問題を解決すること。それは医療福祉の現場だけでなく、どの職種にも大切な能力だと思います。現職では総務部に所属し、イベントの企画・運営、広報誌の発行などを手掛けています。読者からお褒めの言葉をいただいた際は、次号も頑張ろうという活力と達成感がわいてきます。