医療福祉デザイン学科 受験生へメッセージ Department of Design for Medical and Health Care

在学生の声

自分のデザインを医療の世界で表現したい。

在学生の声

小野 実鈴さん(岡山県立倉敷青陵高等学校 出身)

もともとデザインに興味があったのですが、本学のホームページで「医療に関するデザイン」が学べることを知り、就職のことも考えて進学を決めました。本学科の学生同士は仲が良いだけでなく、作品について率直に意見交換をしながら切磋琢磨しています。忙しい毎日ですが、講義や課題制作、部活動やバイトも両立できており、時間の使い方や作り方が上手になったと自身の成長を感じています。

卒業生の声

病院と地域をデザインで結ぶ、理想の仕事に就けました。

卒業生の声

内定:社会医療法人 三栄会 ツカザキ病院大林 幹さん(岡山県/就実高等学校 出身)

「病院の規模拡大や、街づくりにまで携われる」と面接官の方からうかがって、ぜひこの病院で仕事がしたいと強く思うようになりました。目標が定まったことでコツコツ努力を続けられましたし、就職支援センターには先輩達が残してくれた過去の試験問題があり、とても参考になりました。医療福祉分野のデザインを学ぶことができる日本で唯一の学科であることも、就職には有利だったと感じています。

患者さんや職員の方々、たくさんの人のためになるデザインを。

卒業生の声

重井医学研究所附属病院 総務課 勤務栗原 玲音さん(岡山県立高梁城南高等学校 出身)

「病院でデザインって何をするの?」とよく聞かれることがあります。例えば案内サインをはじめ、広報誌やポスターの制作、写真撮影、そしてイベント企画など、実は病院でのデザイン業務は多種に及びます。医療福祉デザイン学科で学べるホスピタルデザインには、「人のためになるデザイン」を作り出せる魅力があります。「デザイン」を通じて多くの人と関わることができ、自分の仕事の成果が目に見える形でわかるので、日々やりがいを感じながら仕事に取り組んでいます。